鎌倉版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

由比ガ浜海水浴場 ビーチをバリアフリーに 車椅子でも快適に利用

社会

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
水陸両用車椅子に乗りながら、海に入る喜びを体で表現する生方さん
水陸両用車椅子に乗りながら、海に入る喜びを体で表現する生方さん

 由比ガ浜、材木座、腰越の3海水浴場は7月1日、海開きを迎えた。由比ガ浜海水浴場では今年、県内初となる「バリアフリービーチ」を開設。車椅子利用者でも行き来しやすいようにと海の家を木製の板でつなげたほか、土日祝日はライフセーバーが介助員として障害者の移動などをサポートする。オープンは8月31日(土)まで。

 昨年の3海水浴場来浜客数70万人中、62万5100人を占める由比ガ浜海浜浴場では今年、バリアフリー化を推進。海の家事業者などでつくる由比ガ浜茶亭組合が、総工費約2000万円を捻出し、車椅子利用者が通行できるように、「ボードウォーク」と呼ばれる木製の板を23カ所ある全ての海の家の間、約800mに手作りでつなげた。

 また市と同組合が2016年から実施する一部海の家へのスロープ設置や水陸両用車椅子の貸し出しも継続。土日祝日には監視所でライフセーバー2人が待機し、障害者の移動などを手助けする。

 県は今後、国道134号線沿いの歩道から砂浜までのスロープ設置や砂浜から波打ち際までマットを引く予定で、現在開会中の県議会に関連費用を補正予算案として提出している。

内田さんの“夢”実現

 バリアフリービーチ開設のきっかけを作ったのは、股関節に先天的な障害を抱えながら、障害者サーフィン世界選手権で2連覇を果たした内田一音さん(47歳・津在住)。

 選手権会場のアメリカでは、車椅子でも海に入れるマットが1年中敷かれているなど、のびのびと海を楽しむ障害者の姿があった。「自由に海に行ける環境に衝撃を受けた。障害者の海への道を増やしたい」と日本に帰国後、同組合や市などにバリアフリー化を呼び掛け、今回実現した。

 同日行われた海開き式で内田さんは「協力してくれた方々に感謝。今後も続けていき、日本各地にバリアフリービーチが広がれば」とあいさつ。

 ボードウォークやマット、水陸両用車椅子などを体験した車椅子利用者の生方亮馬さん(42)は「人に気を使ったりストレスがない。車椅子仲間と海に行こうという気分になる」と笑顔を見せた。

材木座でスポーツビーチ

 「マナーアップ条例」を改正し、砂浜での飲酒や音響機器の使用を禁止するなど「安心・安全な海水浴場」を目指してきた鎌倉市。条例を制定した14年に60件あった市への苦情件数も、昨年は5件にまで減少した。

 ファミリー層に海水浴を楽しんでもらおうと昨年同様、7月7日、21日、8月4日、18日、25日の日曜、材木座海水浴場の一角を「鎌倉スポーツビーチ」として運用する。

 遊具が使用できるほか、タックル代わりに腰につけた「タグ」を取り、鬼ごっこ感覚でラグビーを楽しめる「タグラグビー」体験を開催。また7月21日、8月18日のみ、マジックテープで作ったボールとプラスチック製のクラブを使った「スナッグゴルフ」体験もある。

鎌倉版のトップニュース最新6

旧近代美術館が国重文に

旧近代美術館が国重文に 文化

「モダニズム建築の出発点」

10月23日号

五頭龍の力で詐欺退散

鎌倉警察署・防犯協会

五頭龍の力で詐欺退散 社会

被害ゼロ願い、御朱印製作

10月23日号

5千円電子クーポン配布へ

5千円電子クーポン配布へ 経済

12月15日から利用可能

10月16日号

「困窮者世帯に食料を」

ふらっとカフェ鎌倉

「困窮者世帯に食料を」 社会

「パントリー」実施へ資金募る

10月16日号

免許返納者に助成券交付へ

免許返納者に助成券交付へ 社会

事故防止と外出機会増狙う

10月9日号

空撮映像、観光に活用へ

空撮映像、観光に活用へ 社会

ドローン協会が県と連携

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク