鎌倉版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

「灯かり」で彩る長谷の夜 19日からライトアップ

文化

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
金色に輝く鎌倉大仏殿高徳院(昨年)
金色に輝く鎌倉大仏殿高徳院(昨年)

 夜間一斉ライトアップイベント「かまくら長谷の灯かり」が8月19日(月)から25日(日)までの7日間、長谷・極楽寺エリアの8カ所で開催される。主催する同実行委員会(事務局・江ノ島電鉄株式会社)は「観光振興に必要不可欠な観光客と地元住民の共存を実現すべく、会場に訪れた皆さまに夏休みのすてきなお祭りをお届けしたい」と話している。

 江ノ電は以前から、沿線のライトアップ企画を行っており、2015年には長谷寺協力のもと、夜間特別参拝が実現。翌年から他の寺社や施設も賛同し、長谷駅周辺までエリアを拡大させた。長谷の灯かりは今年で4回目を迎え、各会場ごとの特徴を生かした光の演出に、毎年多くの人が足を運んでおり、江ノ電は今年の推定来訪者数を約3万人と予測している。

 期間中、鎌倉大仏殿高徳院、光則寺、極楽寺、収玄寺、長谷寺、甘縄神明宮、御霊神社、鎌倉文学館の8カ所が、照明やロウソクなどの灯かりで彩られる。時間は午後6時30分から8時30分まで(最終入場は8時)。

商店街も幻想的に

 また期間中は、近隣の商店街でもライトアップを同時に実施。会場は観音大通り会、大仏通り商店会、長谷駅前商店会、由比ガ浜中央商業協同組合、鎌倉はせのわ参加店舗。一体感あるデザインを施し、建物の曲がり角などに安全対策用の照明が増設される。

 そのほか、フィナーレを飾る地域住民参加型イベント「お参り巡り」が8月24日と25日に行われる。対象は近隣に住む家族。LED提灯を持って、午後6時30分にスタート、8時にゴールする。

 各寺社・施設でも個別企画として、お囃子やお話し会、ワークショップなどの催しも実施される。会場により参拝料が必要となる場合あり。

 イベントに関する問い合わせは江ノ電【電話】0466・24・2715へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ 文化

半世紀ぶり通行も検討

5月14日号

自宅療養者を地域で見守り

自宅療養者を地域で見守り 社会

医師会と訪問看護師が連携

5月14日号

最先端IT研究所に

野村総研跡地

最先端IT研究所に 社会

市 事業概要を発表

5月7日号

砂浜へのスロープ完成

由比ヶ浜海岸

砂浜へのスロープ完成 社会

バリアフリー化が前進

5月7日号

新人健闘7氏が議席獲得

鎌倉市議会議員選挙

新人健闘7氏が議席獲得 政治

投票率は48・73%

4月30日号

49カ所が「危険バス停」に

49カ所が「危険バス停」に 社会

国交省が新たに発表

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter