鎌倉版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

新型コロナウイルス イベント中止相次ぐ 鎌倉市は「自粛」の方針

社会

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena
防災イベントも中止に(写真は昨年)
防災イベントも中止に(写真は昨年)

 新型コロナウイルスを原因とする肺炎患者の拡大を受けて鎌倉市は2月14日、不特定多数の来場が見込まれる市主催のイベント3つの中止・延期を発表した。他団体主催のイベントについては、「自粛」という市の方針を伝えた上で、主催者の判断に委ねるという。

 市が中止・延期を発表したのは、3月27日(金)と28日(土)に実施予定だった扇湖山荘の庭園公開(例年約800人来場)、4月4日(土)と5日(日)に実施予定だった旧華頂宮邸の春の施設公開(同約1300人)、4〜5月に予定していた吉屋信子記念館の公開(同約1900人)の3つ。

 市によれば、市が主催するイベントで不特定多数の来場が見込まれるものに関しては「自粛」する方針。市の共催、協働、後援イベントについては、市の意向を伝えた上で、主催者が判断する。

 実施する場合は、アルコール消毒液の配置、スタッフおよび来場者へのマスク着用の呼びかけ、手洗い励行の呼びかけなどの徹底を市から要請するという。

 また、消防救命講習や各種説明会など業務に関連するものは、予定通りの実施を基本とし、場所や対象者、参加人数などを踏まえて、可能な予防対策を行うとしている。

民間団体でも開催可否検討

 市の協働事業で、3・11ALL鎌倉実行委員会が3月8日(日)に開催予定だった「心をひとつに つなげよう みちのくの未来へⅦ」は市の方針や状況を受けて延期を決定。

 同イベントは東日本大震災後に、被災地支援や市民の防災意識向上のために始まったもの。防災を体験できるコーナーや被災地のグルメ屋台、イベントステージなどが楽しめ、例年5000人弱が来場していた。

 同実行委員会では「イベントは無期延期とし、事態の終息を待ってから、また別の形での実施を検討していきたい」と話す。

 鎌倉文学館では、2月29日(土)に予定していた「角野栄子さんのおはなしの扉」を中止した。子ども向けで、毎回参加者も多く、距離が近いためだという。3月以降の企画も「今後の動向を見て判断する」としている。

 毎年4月中旬に開催され、行列巡行に約2万人、静の舞に約1万5千人、流鏑馬に約2万人が訪れているという鎌倉まつりについて、主催する鎌倉市観光協会の大津定博専務理事は「開催の可否については、さまざまな状況を勘案して協会として月内には決めたい」と話す。

(2月19日起稿)
 

鎌倉版のトップニュース最新6

ジャベリックスローで全国へ

ジャベリックスローで全国へ スポーツ

陸上・中務史也さん(大船中)

10月15日号

外部と連携し学び深める

外部と連携し学び深める 教育

小坂小・玉縄中で実践中

10月15日号

グラウンド、散策路継続

野村総研跡地

グラウンド、散策路継続 社会

アイネットが市民に説明

10月8日号

本庁舎移転など争点に

市長選

本庁舎移転など争点に 政治

10月17日投開票

10月8日号

立候補予定者が討論

市長選

立候補予定者が討論 政治

青年会議所、6日から配信

10月1日号

清泉音楽部が全国へ

清泉音楽部が全国へ 教育

昨年中止、2年分の思い込め

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook