鎌倉版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

PCR集合検査場開設へ 医師会が運営6月1日から

社会

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市医師会(山口泰会長)は6月1日、新型コロナウイルスへの感染を調べるPCR集合検査場を市内に開設する。県が進める「神奈川モデル」と呼ばれる医療体制の構築に同医師会が協力したもので、期間は8月31日までの予定。

 検査の対象となるのは、市内在住で鎌倉市医師会に所属する診療所(かかりつけ医)を受診し、医師から検査が必要と診断とされた人。検査場の開設時間は平日の午後7時30分から9時30分までで完全予約制。1日で10人程度の検査が可能になるという。

 「プライバシー保護と円滑な運営のため」として、場所は非公表。期間は感染状況によっては見直す可能性がある。

 県医療課によれば、感染の拡大期には各地域の保健福祉事務所への負担が大きくなり、医師が必要と判断した場合でも検査を受けるまでに時間がかかるケースがあったという。

 そこで県は「帰国者・接触者外来」を設置する医療機関の負担軽減と、地域の検査体制の強化を図ることを目的に市町村、医師会などと連携して、検査場の整備を進めている。6月1日時点で鎌倉市を含めて22カ所で、6月11日には相模原でも開設される予定。

 同課担当者は「現在、感染者の増加は抑えられているが、平素の医療を守り今後予想される感染の第2波、第3波に備えるためにも引き続き検査体制の拡充を進めていきたい」と話した。

3週間ぶり感染確認

 鎌倉市内では、5月22日に30代男性、24日に30代女性の新型コロナウイルスへの感染が相次いで確認された。いずれも軽症という。市内居住者の新規感染は、4月30日以来約3週間ぶりで累積で41人となった。

 松尾崇市長は26日、「緊急事態宣言は解除されたが新型コロナウイルスの脅威がなくなったわけではなく、依然予断を許さない状況が続いている。気を緩めると新規感染者が再び急増する恐れがある」として、マスクの着用、換気、手洗いなどの継続を呼びかけるメッセージを発表した。

鎌倉版のトップニュース最新6

「近距離観光」に商機あり

「近距離観光」に商機あり 経済

地元有志が「まち歩き」企画

7月10日号

小型家電、宅配で回収

鎌倉市

小型家電、宅配で回収 社会

リサイクル事業者と協定

7月10日号

改修記念し鎌倉彫展示

江ノ電鎌倉駅

改修記念し鎌倉彫展示 文化

近世から現代へ歴史表現

7月3日号

独自ルールで異例の夏へ

独自ルールで異例の夏へ 社会

市が海岸安全対策を決定

7月3日号

昨年比19人減の59人に

待機児童

昨年比19人減の59人に 社会

座間に次いでワースト2位

6月26日号

「俳優・漁師」全うした94年

「俳優・漁師」全うした94年 文化

長谷の加藤茂雄さん逝く

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク