鎌倉版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

交通不便解消へ実証実験 二階堂・浄明寺で31日まで

社会

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena
1月20日からの第2期で使用する「グリーンスローモビリティ」
1月20日からの第2期で使用する「グリーンスローモビリティ」

 鎌倉市は1月6日から、二階堂と浄明寺の一部で「オンデマンドモビリティ」の実証実験をスタートさせた。期間は31日まで。利用者の要望をAIが分析して普通自動車や電気自動車を運行し、地域内を効率的に移動できるサービス。市は結果を分析し、両地区だけでなく郊外の団地など高齢化が進む他地域での交通問題解消にもつなげたい考えだ。

 市は1999年に策定したオムニバスタウン計画(バス交通の充実で渋滞や環境問題の緩和を図るもの)において、6地区を「交通不便地域」に位置付け、ミニバスの導入などを進めてきた。

 しかし二階堂・浄明寺地区は、狭い道路や坂道が多いためにバス等の運行が難しく、取り組みが遅れていた。

 今回の実証実験は「バスとタクシーの中間に位置する新たな交通手段」の導入で、両地区の課題解決を目指すもの。利用者はスマートフォンのアプリや電話で予約すると、地域内約60カ所に設定された「乗降ポイント」間を移動することができる。AIが要望を分析して、より効率的な運行を導き出すといい、特に高齢者を中心に「自宅近くから最寄りのバス停まで」といった利用を想定している。

 利用は無料だが、事前の登録が必要。市は昨年12月に3会場で説明会を実施するなどして利用を促しており、現在約170人が登録済み。

 実験は2回にわけて行われる。第1期は1月17日(日)までで、10人乗りのワゴン型普通自動車を、第2期は20日(水)から31日(日)までで、グリーンスローモビリティと呼ばれる時速20キロ未満で公道を走行できる電気自動車(定員7人)を、それぞれ運行する。市交通政策課では「どちらの車両が地域のニーズにより合致しているかなどを探っていきたい」とする。

 松尾崇市長は5日の定例会見で「高齢化が進む郊外住宅団地などの移動環境の改善にも有効と考えている。実験を通じて、地域のニーズと事業継続性を把握し、他地域における展開も検討したい」と話した。

 利用登録は専用のウェブサイトや窓口、郵送でも可能。詳細は【電話】0467・23・3000鎌倉市役所交通政策課へ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

前年比8人減の82人に

待機児童

前年比8人減の82人に 社会

定員拡大で新たな需要も

2月19日号

小町大路に立体標示設置へ

小町大路に立体標示設置へ 社会

安心して歩ける道に改善

2月12日号

「村岡新駅」2032年頃開業へ

「村岡新駅」2032年頃開業へ 社会

藤沢─大船間 4者が合意

2月12日号

大河へ「推進協議会」発足

大河へ「推進協議会」発足 文化

ドラマ館運営やロゴ展開も

2月5日号

文科大臣賞を受賞

放課後かまくらっ子

文科大臣賞を受賞 コミュニティ教育

地域連携や持続性が評価

2月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク