鎌倉版 掲載号:2022年2月11日号 エリアトップへ

新発想「イチゴビール」 地元農家&醸造元がコラボ

社会

掲載号:2022年2月11日号

  • LINE
  • hatena
郷原さん(左)の農園でイチゴを収穫した今村専務(左から2人目)たち=鎌倉ビール提供
郷原さん(左)の農園でイチゴを収穫した今村専務(左から2人目)たち=鎌倉ビール提供

 イチゴ農家とビールメーカーがタッグを組み、「イチゴビール」が誕生した。市内で唯一のイチゴ農家・郷原啓介さん(35)が栽培するオリジナルブランド「紅静(べにしずか)」や、「べにほっぺ」を原料に、鎌倉ビール醸造株式会社(大町)が商品化。イチゴの香りが鼻腔をくすぐりつつも、ビールとしての苦味も備えた新作は、2月11日(金)から販売される。

 イチゴビール誕生のきっかけは、2年前に遡る。鎌倉ビールの今村広太郎専務(35)が在籍する地元団体の鎌倉青年会議所(JC)に、郷原さんが入会し2人は出合う。今村専務の「イチゴでビールを作ろう」という呼びかけに、イチゴの可能性を模索していた郷原さんが賛同。新型コロナの影響で先延ばしとなっていたが、同い年の2人によるプロジェクトは年明けから動き出す。

 鎌倉ビール社員たちが1月11日に市内笛田のイチゴ農園を訪れ、オリジナル品種・紅静が「最もおいしいタイミング」(郷原さん)で7・5キロを収穫。鮮度を保つため2日後には漬け込み、1カ月ほど発酵させてビールが完成した。

 一般的に加工品となると、形や味が不揃いのものが使われる場合もあるが、イチゴビールを試飲した今村専務は胸を張る。「1番いいものを使わせてもらった。香りが楽しめ、甘すぎることなく、ビールらしい苦味もある」。一方の郷原さんも、「イチゴの可能性が広がった」と喜ぶ。

限定1500本酒店などで販売

 11日から順次販売される「鎌倉イチゴ紅静ビール」は、330mlで770円(税込)。イチゴにちなんで1500本の限定販売。市内酒店やJAさがみわいわい市藤沢店などで取り扱い。

 問い合わせは鎌倉ビール醸造【電話】0467・23・5533へ。

鎌倉イチゴ紅静ビール
鎌倉イチゴ紅静ビール

鎌倉版のトップニュース最新6

バスケクラブが受け皿に

バスケクラブが受け皿に スポーツ

「部活動の地域移行」見据え

7月1日号

おもちゃ病院が開業20年

おもちゃ病院が開業20年 文化

コロナ下も「診療」再開

7月1日号

大河ツアー、3カ月で千人

ガイド協会

大河ツアー、3カ月で千人 文化

参加者数が徐々に回復

6月24日号

女性議員率、鎌倉は7番目

33市町村議会調査

女性議員率、鎌倉は7番目 政治

「産休」「育休」は早々に明文化

6月24日号

3月6日「鎌倉作務衣の日」

3月6日「鎌倉作務衣の日」 文化

鎌倉シャツが申請し認定

6月17日号

関東優勝でインハイへ

関口拓真さん(深沢高)

関東優勝でインハイへ スポーツ

自転車・ロードレース

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook