神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2022年2月25日 エリアトップへ

"本格"御朱印巡りを 鎌倉彫&印章職人が企画

文化

公開:2022年2月25日

  • X
  • LINE
  • hatena
鎌倉彫御朱印の一部(写真は明王院)
鎌倉彫御朱印の一部(写真は明王院)

 鎌倉彫の職人と、はんこを扱う印章職人が協力し、鎌倉ならではの「御朱印巡り」に向けたプロジェクトが進んでいる。2月18日〜24日には、新たに制作した鎌倉彫の御朱印が鎌倉彫工芸館で展示され、来場者からは御朱印巡りの開始を待ち望む声が聞かれた。鎌倉彫の御朱印は今後、鶴岡八幡宮で祈祷され、鎌倉十三仏の寺院などで使用される。

 持ち手など表面部分を鎌倉彫の職人が手がけ、判の部分を印章職人が担当した「鎌倉彫 御朱印」づくり。3年ほど前、印章職人で鎌倉はんこ(御成町)を営む月野允裕さん(42)と、鎌倉彫職人たちが独自の商品づくりを模索する中で、鎌倉彫による御朱印のアイデアが生まれた。伝統鎌倉彫事業協同組合の三月一彦理事長(70)も、「御朱印に鎌倉彫を使うのはありそうでなかった。おもしろい」と企画を後押しした。

 その後、完成した御朱印を実際に使用する鶴岡八幡宮や鎌倉十三仏の寺社にヒアリングを重ねた。全国各地で使われている御朱印にはプラスチック製のゴム判もあるが、住職たちから話を聞いた月野さんは、「御朱印は寺社と参拝者らをつなぐ証。格式があるものにというニーズがあった」と"本格派"にこだわった。

 鎌倉彫職人たちは、寺社ごとに竹や鶴などデザインを変えて木を彫刻し、漆を塗る。そして、月野さんが印影部分を仕上げ、できあがったオリジナル御朱印。展示会に訪れた70歳男性は「鎌倉彫の可能性が広がる」と話し、70代女性は「御朱印巡りが楽しみ」と笑顔をのぞかせた。

伝統工芸、文化再発信の機会に

 プロジェクトを主導する鎌倉彫職人、印章職人にとって鎌倉彫の御朱印は、それぞれが身を置く伝統工芸、伝統文化を再発信する機会創出にもつながる。

 この取り組みは、新たなチャレンジを支援する鎌倉市商工業元気アップ事業にも認定。月野さんは、「コロナ禍で落ち込んだ街が、大河ドラマを契機に盛り上がろうとしている。鎌倉彫の御朱印がその一助になれば」と期待を口にする。

 3月18日(金)〜24日(木)にも、鎌倉はんこ展示工房(御成町2の9)で展示会を開催。午前10時半〜午後4時半。入場無料。(問)【電話】0467・37・9297(鎌倉はんこ)

多世代が訪れた展示会
多世代が訪れた展示会

鎌倉市シルバー人材センター

鎌倉市在住で、健康で働く意欲のある60歳以上の方を募集中。説明会を随時実施中。

https://webc.sjc.ne.jp/kamakura/index

公益社団法人 大日本弓馬会

鎌倉時代より受け継がれる日本弓馬術の発展を

http://yabusame.or.jp/

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

サッカー場建設へクラファン

サッカー場建設へクラファン

台3丁目 鎌倉インテルら

6月21日

インディアカで保護者親睦

インディアカで保護者親睦

腰越中の伝統、四半世紀

6月21日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

おにぎりが社会を救う?

おにぎりが社会を救う?

協会・中村代表に聞く

6月14日

前年から微増の1228万人

2023年観光客数

前年から微増の1228万人

5類移行も休館等影響か

6月7日

妙長寺、魚の命に合掌

妙長寺、魚の命に合掌

10年に1度の「鱗供養」

6月7日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook