鎌倉版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

市民が水害リスクに言及 市庁舎移転の説明会

政治

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena
松尾市長も参加した説明会
松尾市長も参加した説明会

 深沢地区に建設予定の市庁舎整備計画と、現庁舎の敷地活用について、鎌倉市は市民説明会を開催している。鎌倉生涯学習センターでの6月18日の説明会には市民16人が参加し、深沢の水害リスクや、埋蔵文化財などへの質問があがった。

 説明会で松尾崇市長は、「東日本大震災の教訓から、災害時も業務機能を維持できる役所づくりを進めていきたい」と述べた。水害リスクについて県の洪水浸水想定区域図によると、新庁舎予定地は「年間の発生確率1000分の1」の洪水で浸水が想定される。市担当者は、「新庁舎は、整備事業用地の中でも浸水被害の少ない北東部に建設予定」とし、「柏尾川上流部で遊水地を追加整備しており、安全性が高まる」と話した。

 市は現庁舎の築年数が50年を経過したため、新庁舎を深沢に整備する計画を進めており、2028年度に開庁予定。また現庁舎の敷地は、手続きや相談などの行政サービスを維持しつつ、鎌倉駅周辺の中央図書館や生涯学習センターを集約した拠点づくりを目指す。

 説明会は6月28日(火)午後7時から深沢学習センター、7月3日(日)午前10時半から玉縄学習センターでも開催。申込不要、先着順。(問)市街地整備課庁舎整備担当【電話】0467・23・3000

 市は7月10日(日)まで、意見公募(パブリックコメント)も行っている。

鎌倉版のローカルニュース最新6

プラ削減のお店見つけて

プラ削減のお店見つけて 社会

感謝状贈呈や表彰も

7月1日号

指定管理者制度を導入

鎌倉市生涯学習センター

指定管理者制度を導入 政治

市議会、僅差で可決

7月1日号

ひょうたん娘に今井さん

ひょうたん娘に今井さん 文化

大井町の魅力を発信

7月1日号

夏の親子書道体験

夏の親子書道体験 文化

きらら鎌倉で22日

7月1日号

横浜で大河トーク

8月21日

横浜で大河トーク 文化

畠山重忠役・中川さんら

7月1日号

浜役者の名演、ウェブで

浜役者の名演、ウェブで 文化

加藤茂雄さんの『浜の記憶』

7月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook