鎌倉版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

バスケクラブが受け皿に 「部活動の地域移行」見据え

スポーツ

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
カマクラソルマールの練習風景 =6月23日・大船高校体育館
カマクラソルマールの練習風景 =6月23日・大船高校体育館

 スポーツ庁は6月、中学校の運動部を来年度からの3年間で、地域へ移行していく方針を明らかにした。顧問の負担軽減など学校の働き方改革を推進する地域移行。導入を前に、鎌倉市内ではバスケットボールクラブ「カマクラソルマール」(上林(かんばやし)裕和代表)が先駆的な取り組みを始めている。

 中学校の部活動は、休日の練習指導や大会運営などで教員の負担が大きく、競技経験のない教員が指導せざるを得ないケースも起きている。また、少子化により部活数の減少が学校内で起き、存続自体も危ぶまれている。現状を踏まえてスポーツ庁は、来年度からの3年間で、民間のクラブや団体などに「地域移行」することを提げ、休日の部活動から段階的に進めていく。

 来年度からの地域移行に先駆けて、1年前から市内で活動するのが「カマクラソルマール」。男子16人、女子6人の中学生が在籍し、週に2日、2時間の練習を行うバスケットクラブチームである。指導者は、会社員や元教員、教員の教え子の大学生など、主に地域のバスケット経験者。さらに週に1度、プロチームを指導する外部コーチも加わり、レベルの高い練習環境を整えている。

 部活動は現在、教員の負担軽減などを目的に、平日と土日に各1日以上の休養日が設定されている。同クラブは、その減少した活動時間を補う役割を担い、競技力を高めたい中学生のニーズにも応えている。

 同クラブの小黒麻央さん(岩瀬中3年)は「レベルの高い指導を受けられる」と語り、菅原竜史さん(手広中3年)も「いろんな学校の選手が揃い、お互いに高め合える」と練習に充実感を見せた。

課題や懸念も

 地域移行について、市教育指導課は「部活動と地域クラブの両方に所属するため、チームワークの醸成がより難しくなる」と課題を指摘する。「連携を徹底することが重要」と訴える。

 また、地域クラブが盛んなのは、野球のシニアリーグやサッカーのジュニアユースなどのメジャー競技が中心。地域クラブが現状存在しない競技も多くあり、地域移行の受け皿がなかったり、クラブを求めて遠出を余儀なくされることも懸念される。

 学校を超えたつながりや、選択する幅の広がりが期待される地域移行。運用に向けた準備がこれから進んでいく。

鎌倉版のトップニュース最新6

絵だけで楽しむ鎌倉絵本

絵だけで楽しむ鎌倉絵本 教育

市民が企画・制作

8月12日号

「私が市長になったら」

「私が市長になったら」 教育

小学生が一日体験

8月12日号

あの公園の名は?

あの公園の名は? 社会

市内170カ所が生物名

8月5日号

「校舎はUD化しますか」

「校舎はUD化しますか」 教育

小中学生が市政質す

8月5日号

大倉幕府跡で発掘見学

大倉幕府跡で発掘見学 文化

大河も追い風、250人来場

7月29日号

コロナに負けず市民活動

コロナに負けず市民活動 社会

若者の地域参加拡大

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook