神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2022年8月12日 エリアトップへ

絵だけで楽しむ鎌倉絵本 市民が企画・制作

教育

公開:2022年8月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
絵本を手にする妹尾さん(左)と古谷さん
絵本を手にする妹尾さん(左)と古谷さん

 鎌倉の街を描いた『鎌倉ウィンメル絵本』がこのほど完成し、市内書店などでの販売が始まっている。ウィンメル絵本はドイツ語圏で親しまれてきた、文章がない大判の絵本。制作者は、出版社の有限会社1ミリを営む古谷聡さん(39歳・七里ガ浜東在住)と、発案者の妹尾和乃さん(40歳・同)。イラストはイケシタコウヨウさん(東京都)が手掛けた。

 ウィンメル絵本とは、実在する街の景色の中に住む人やキャラクターなどが細かくユーモアを交えて描かれているが、文章は一切ない本。読み手が絵から物語を想像したり、キャラクターや小ネタを探したりと自由に楽しむことができる。

 制作した絵本には、正月から大みそかまで、季節の移り変わりも感じられる8つの場面を描いた。観光名所だけではない鎌倉の街全体を舞台にしたいと、大船地区や深沢地区のページも設けた。地元の人ならピンとくる小ネタやキャラクターも随所に散りばめられており、隅から隅まで楽しめる。

きっかけはスイスの本

 話が動き出したのは、昨年の初め。古谷さんの元に「ウィンメル絵本の鎌倉版を一緒に作りませんか」という熱い思いと企画をまとめたメールが突如届いた。送り主は、当時スイスで暮らしていた妹尾さんだった。

 現地では、書店にコーナーがあるほど一般的なウィンメル絵本。妹尾さんも家族で訪れたチューリッヒの動物園の土産として購入し、その魅力を知った。「物語を与えるのではなく、自ら引き出す。文字の読めない子どもでも、自分なりに楽しめることも面白い」

 以前住んでいた鎌倉の街に戻ることが決まったことを機に、絵本を制作しようと見つけた「地元密着の出版社」が古谷さんの(有)1ミリだった。

 「単なる児童書ではなく、世代を超えて楽しめる。地域の文化などを感じてもらえることも魅力」と古谷さんは話す。「共生社会の実現を目指す条例」にも鎌倉らしさを感じ、車椅子ユーザーや聴覚過敏の人も共生する街を描いた。「マイノリティーの存在があるのが『日常』。ただ、説教臭くはならないように気を付けた」

 絵を担当したイケシタさんは、SNSで見つけた「理想」のイラストレーターだった。「かっこよく温かく、キャラクターも魅力的。世界観がピッタリだった」。初めての挑戦故に手探りでのスタートだったが、「思い描いた通りに仕上げてくれた」と口をそろえる。

楽しめるのは知る街だから

 「観光地に限らず、どこの街でも作れる」。その土地の風景や祭りなどの「市民の暮らし」こそ、ウィンメル絵本に向いているという。「知っている場所や文化だから楽しめる。各地にあれば、地元の人だけでなく旅のお土産にもなる。もっとこの文化が広まれば」と妹尾さん。

 絵本は税込3520円。たらば書房、ポルベニールブックストアのほか、ウェブサイト「セノアトリエ」でも販売中。(問)有限会社1ミリ【電話】0467・31・2829

鎌倉版のトップニュース最新6

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

おにぎりが社会を救う?

おにぎりが社会を救う?

協会・中村代表に聞く

6月14日

前年から微増の1228万人

2023年観光客数

前年から微増の1228万人

5類移行も休館等影響か

6月7日

妙長寺、魚の命に合掌

妙長寺、魚の命に合掌

10年に1度の「鱗供養」

6月7日

認知症カフェを定期開催

認知症カフェを定期開催

今泉台 理解広める場に

5月31日

学生団体が企業と協定

学生団体が企業と協定

熱中症予防で連携へ

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook