神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2022年12月2日 エリアトップへ

話した言葉を字幕表示 市図書館で実証実験

社会

公開:2022年12月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
職員の言葉がアクリル板に文字化=25日・中央図書館
職員の言葉がアクリル板に文字化=25日・中央図書館

 鎌倉市中央図書館と玉縄図書館で11月24日から、職員が話した言葉を窓口のアクリル板に表示し、利用者へ案内する「わかりやすい字幕表示システム」の実証実験が行われている。コロナ下での飛沫防止、聴覚障害者や高齢者とのコミュニケーションの支援ツールとして、その有用性を検証する。

 字幕表示システムは、京セラ(株)が昨年開発。マイクを通じて言葉を認識し、スクリーンを貼り付けたアクリル板に字幕として投影される。

 新型コロナの流行で、図書館の窓口では、マスクを着用しながらアクリル板越しで応対するようになり、職員と利用者の会話がしづらい状況が続いている。また、会話が聞き取れないとつい大きな声を出してしまい、他の利用者への影響も生じていた。

 市図書館は、利用者の利便性向上と職員の負担軽減を目指し、字幕表示システムを中央図書館と玉縄図書館で導入。利用者の新規登録や書籍検索、各種相談を受け付ける窓口に設置されている。

 また同システムは、読書バリアフリー法にも対応。言葉を字幕化・図解化することで聴覚障害者や高齢者に配慮する。さらに日本語以外にも英語、中国語、韓国語などに翻訳でき、外国人の図書館利用がしやすくなることが期待される。

 文字化されるのは職員側の話し言葉のみだが、館長補佐の津田さほさんは、「大きな声で会話する必要がなく、プライバシーが保たれる。会話が聞き取れずに生じる職員側の負担も軽減できる」と話す。試験導入は12月27日(火)までで、その後効果を検証する。

鎌倉市シルバー人材センター

鎌倉市在住で、健康で働く意欲のある60歳以上の方を募集中。説明会を随時実施中。

https://webc.sjc.ne.jp/kamakura/index

公益社団法人 大日本弓馬会

鎌倉時代より受け継がれる日本弓馬術の発展を

http://yabusame.or.jp/

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

サッカー場建設へクラファン

サッカー場建設へクラファン

台3丁目 鎌倉インテルら

6月21日

インディアカで保護者親睦

インディアカで保護者親睦

腰越中の伝統、四半世紀

6月21日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

おにぎりが社会を救う?

おにぎりが社会を救う?

協会・中村代表に聞く

6月14日

前年から微増の1228万人

2023年観光客数

前年から微増の1228万人

5類移行も休館等影響か

6月7日

妙長寺、魚の命に合掌

妙長寺、魚の命に合掌

10年に1度の「鱗供養」

6月7日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook