神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2023年5月5日 エリアトップへ

築300年の「宿泊研修所」誕生 大船・甘糟屋敷を利活用

社会

公開:2023年5月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
甘粕さん夫婦(右)と運営スタッフたち
甘粕さん夫婦(右)と運営スタッフたち

 築300年の歴史を持つ甘糟屋敷(大船2078)が4月、「泊まれる研修所」として生まれ変わった。同屋敷は千坪を超える敷地を有し、四季折々の豊かな自然が広がる。施設を開設した(株)エンジョイワークス(由比ガ浜)は、宿泊以外にもイベントなどで1日使えるレンタルスペースとして開放していく。

 「泊まれる研修所」を開設するエンジョイワークスは、鎌倉を拠点に空き家の再生や利活用事業に取り組む。今回の取り組みでは、畳の間や襖、縁側など屋敷が醸し出す日本文化を体感しながら、企業研修やワークショップができる施設として再生した。

 甘糟屋敷は、大船村の名主であった甘糟家の邸宅として1708年(宝永5年)に建てられ、300年以上の歴史を有する。当主の甘粕知一郎さん(76)は現在都内に暮らし、親戚や友人がパーティーなどで集うセカンドハウスとして屋敷を使用していた。

 甘粕さんが屋敷の利活用に踏み切ったのは、エンジョイワークスの福田和則代表が講師を務めた空き家活用講演会に参加したのがきっかけ。オープンに際し甘粕さんは、「屋敷の活用が広がっていけば」と期待する。

会議室、キッチン完備

 研修所を運営する同社子会社の(株)グッドネイバーズは、旧村上邸(西御門)を企業研修や市民活動の場として運用する実績を持つ。「宿泊もできればいいのに」という利用者のニーズを汲み取り、甘糟屋敷を「泊まれる研修所」として運営することとした。

 同施設は、プロジェクター付きで20人が着席可能な会議室やキッチンを完備。グッドネイバーズの小林徹也さん(41)は、「日常とは異なる空間に身を置くことで、企業が持っている魅力を再発見できる場として活用してほしい」と期待を寄せる。

プロジェクター付きの会議室
プロジェクター付きの会議室

鎌倉版のトップニュース最新6

「浜の盆踊り」今夏は3日間

「浜の盆踊り」今夏は3日間

来場者増加で開催拡大

7月19日

旅するスパイスカレー

旅するスパイスカレー

料理教室→家庭・店・地域食堂

7月19日

「子育て支援センター」整備完了

「子育て支援センター」整備完了

5カ所目の腰越が開設

7月12日

新庁舎イメージを展示

市役所移転計画

新庁舎イメージを展示

22日から市民意見募集

7月12日

リユース可能な雑貨回収

鎌倉市

リユース可能な雑貨回収

ごみ焼却減へ意識醸成

7月5日

主将でエース、狙う「7連勝」

主将でエース、狙う「7連勝」

面本和輝さん(鎌倉学園高)

7月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook