神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年1月1日 エリアトップへ

パリ五輪「絶対に出る」 セーリング・新嶋莉奈さん

スポーツ

公開:2024年1月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
国内トップ選手に成長した新嶋さん(本人提供)
国内トップ選手に成長した新嶋さん(本人提供)

 今夏に開催される「パリ五輪」を目指すアスリートがいる。大町在住の新嶋莉奈さん(エリエール所属)、24歳。元プロ選手であり、材木座のスクール「セブンシーズ」を主宰する父の影響でウインドサーフィンを4歳から始めた。それから20年、国内トップの選手にまで成長し、半年後に迫った大舞台の出場権獲得に挑む。

 新嶋さんが五輪出場を狙うのは、セーリング競技の中のウインドサーフィン種目「iQフォイル級」。ボードの底に取り付けられた水中翼により、走行時にはボードが浮き上がりスピードが増す。2021年の東京五輪で実施された「RSX級」に替わる新種目だ。

 五輪での種目変更に、新嶋さんは適応した。「これまでのRSXとはまったく違う乗り物」と評すも、自らの地位を上げていく。東京五輪の日本代表選考において種目別で5番手の選手だったが、五輪後の21年11月に開催された全日本選手権で優勝を飾る。

 22年春に大学を卒業し、大王製紙(株)のエリエール所属選手としてプロ契約。競技に専念できる環境になったことで、勢いはさらに増した。

 昨年23年は、4月にスペインで行われた大会で日本人1位、フランスでの国際試合「フレンチオリンピックウィーク」では銀メダルを獲得した。50年以上の歴史ある同大会のiQフォイル級で、日本人が表彰台に登ったのは初。「強い選手が一部いなかったのもあるけれど、勝負強さを感じられた」(新嶋さん)

 日本の1番手に躍り出し、そのまま順調に行けば五輪切符も射程圏内。そう思えるような結果が続いた矢先の昨年7月、新嶋さんの身体を異変が襲った。

“人生最悪の1カ月”で成長

 7月、五輪と同じ会場の「パリ2024テストイベント」に出場すべく、新嶋さんはフランスへ。空港へ到着すると発熱。その後も、「気持ち悪くなって吐いたり、ごはんがずっと食べられなかったり。現地でのレースには出続けたので、疲労は溜まるばかり」。

 鎌倉へ帰っても、食欲は戻らず。そして異変はピークに達する。「夜になって、何でかわからないけれど体がめちゃくちゃ震え出して、けいれんして」。夜中に病院へ駆け込んだ。糖尿病の一歩手前だった。

 原因は、この3年間続けてきた増量。東京五輪のRSX級は適正体重が58kgなのに対し、パリのiQフォイル級は70kgとされる。水中翼による浮力を体重で抑え、前に進む力へと変えていく。もともと53〜54kgだった新嶋さんは食事量を増やし、ケーキなど甘い物も積極的に摂取。一時65kgまで増えたものの、体が悲鳴をあげてしまった。

 7月中旬から1カ月間、練習休止。「外をちょっと散歩しただけで、今日は歩けたと喜ぶレベル。競技をやめたいではなく、続けられないかもとさえ思った」。寝ることが大好きだが、眠れない日々が続いた。

 新嶋さんにとって昨夏は、「人生で1番辛い1カ月だった」。ただ、成長も垣間見えた。家にこもって自分と向き合い、乱れそうな心を整える。「何も得なかったわけではない。いい経験だった」と笑って話せるまでに回復した。

まもなく最終局面

 8月下旬に復帰し、これまでの食事による増量から、ウエイトトレーニングでの筋肉増に重きを変えた。10月以降は沖縄合宿、スペイン遠征を消化。現在の体重は56kgと適正には遠いが、「前にはなかった体のキレが出てきた。少し先が見えたかな」。

 五輪へは2つの条件を満たさなければならない。国として出場枠を得ること、そして日本代表の1枠を勝ち取ること。2月の世界選手権(スペイン)、4月のラストチャンスレガッタ(フランス)の結果次第だ。

 海外勢の躍進、国内でも若手の成長が耳に届く。「やってみなければ本当にわからない」という五輪選考レース。追われる立場から追う立場に戻り、遠い未来のことを考えている暇はない。頭にあるのはひとつだけ。

 「絶対にパリ五輪に出る」-。

苦しい時期を振り返る新嶋さん=昨年11月
苦しい時期を振り返る新嶋さん=昨年11月

鎌倉版のトップニュース最新6

官民連携で孤独、孤立対策

「つながり」創出へ仕掛け

官民連携で孤独、孤立対策

プラットフォーム創設

4月12日

深沢高、最後の入学式

深沢高、最後の入学式

3年後に藤沢清流と統合

4月12日

「ケアラー支援条例」施行

鎌倉市

「ケアラー支援条例」施行

学校の相談員増や啓発も

4月5日

「鳩スタ」台に移転へ

「鳩スタ」台に移転へ

教習所跡 12月開業見込む

4月5日

ペット避難の指針策定

鎌倉市

ペット避難の指針策定

受け入れ条件や備え示す

3月29日

市内初、EV路線バス発車

市内初、EV路線バス発車

江ノ電が2台運行へ

3月29日

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook