神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年2月2日 エリアトップへ

2024年度予算案 子育て、障害者支援に注力 一般会計は過去最大

政治

公開:2024年2月2日

  • X
  • LINE
  • hatena

 鎌倉市は1月26日、総額1273億6497万円の2024年度当初予算案を発表した。行政サービスを行う一般会計は、前年度比76億9230万円(11・5%)増の744億5500万円を計上し、予算規模は過去最大。国民健康保険や下水道事業などの特別会計は、529億997万円とした。来年度は、子育てに関する取り組みや障害者支援などに重点を置く。

 松尾崇市長は26日の会見で、「ミライへはばたく予算」と名付けた新年度予算案を発表し、「子どもたちが生き生きと育つ環境づくりを目指す」と語った。

 財源となる歳入は、全体の48・9%を占める市税が前年度比6億6393万円増の364億337万円に。市の借金にあたる市債は、44億5080万円発行。市立小学校給食室の冷暖房設備、消防指令センターの機器更新の費用がかかるためと説明した。貯金にあたる財政調整基金は、48億円切り崩した。

新庁舎の設計費も

 一方の歳出は、福祉などにかかる民生費が全体の4割を占め、前年から28億8900万円増。市役所移転に関しては、基本設計などの費用として3億1335万円を計上。松尾市長は「市役所の全体像を具体的に示すことで理解を深めてもらい、移転を推進する力にしたい」と話した。

 また子育て関連では、障害児向け福祉サービスの利用者負担額無償化、妊産婦健康診査の費用補助を3万円分拡大。25年4月の不登校特例校設置や校内フリースペース整備に向けた事業なども計画。オーバーツーリズム対策としては、鎌倉高校前駅付近に街頭防犯カメラ設置、鶴岡八幡宮前交差点に交通誘導員配置などを予算に盛り込んだ。

 来年度予算案は、2月6日(火)開会の市議会定例会に提出される。

開庁時期は31年以降に

 市役所の深沢地区移転を巡り、22年12月の市議会で否決された市役所本庁舎移転に関する「位置条例改正案」について、松尾市長は2月定例会に再提出しないことを明らかにした。

 松尾市長は、「可決の見込みが立たないため」と説明。提出見送りにより、開庁時期も当初の30年5月以降から31年以降に変更した。

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

「かまくら献血部」始動

「かまくら献血部」始動

白血病患った小野里さん

2月16日

観光甲子園でグランプリ

北鎌倉女子学園

観光甲子園でグランプリ

「空飛ぶクルマ」で県内周遊

2月16日

腎臓病患者、助けるアプリ

腎臓病患者、助けるアプリ

栄養管理に宅配食とも連携

2月9日

手作り校歌額が完成

腰越中

手作り校歌額が完成

589マスを1文字ずつ彫刻

2月9日

スポーツ広場が山崎に

スポーツ広場が山崎に

3年間の暫定利用

2月2日

子育て、障害者支援に注力

2024年度予算案

子育て、障害者支援に注力

一般会計は過去最大

2月2日

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook