青葉区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

チェリストとしてシニア向けコンサートを12月22日に開催する 前田 昌利さん 市ケ尾町在住 70歳

同世代に響く音楽を

 ○…全国を舞台に活躍するチェリストでありながら、あえて今、地元青葉区に目を向けた。オールディーズや往年の映画音楽など、シニアにとって懐かしくなる曲を中心にしてコンサートを初開催する。「自分の同世代を元気にする起爆剤にしたい。年をとって体力は落ちたかもしれないけれど、懐かしい音楽を聴いて心が元気になってもらえれば」

 ○…新宿区出身。音楽好きな父の影響でバイオリンを習い、物心ついた頃から「将来は音楽家になると思っていた」。深い音色に惹かれて小6でチェロに転向してからは音大を目指す日々。「練習を休めないから家族旅行にも行けなくて。暗い青春時代だった」と振り返るほど練習漬けだった。そんな生活に彩りを持たせてくれたのがラジオ。「オールナイトニッポン」などを聴き、洋楽のランキングをメモしていた。「クラシックもポップスも好きだったね」と笑みをこぼす。

 ○…「僕ほど色んなジャンルをやった人はいないのでは」と言うほど、幅広い音楽に携わってきた。桐朋学園大学を卒業後、スタジオミュージシャンへ。ザ・タイガースの演奏にも参加した経歴の持ち主だ。一方、クラシックの世界ではオーケストラの首席奏者も歴任。短大の特任教授として指導者も経験した。転機は60代半ばを過ぎた頃。自身と同じ団塊の世代がリタイア後は家に閉じこもってしまっていることを知ってからだ。青春時代の音楽なら、同世代も元気になってくれるかもしれない―。若手演奏家に声をかけ、ポップスを演奏する「SAKUYAグランド・オーケストラ」を立ち上げ、今回もそのメンバーと共に演奏する。

 ○…コンサートがライフワークで「趣味と活動が一緒になっている」と笑う。「これまでは音楽家として自分が好きな音楽をやっていた。今は目の前のお客さんを喜ばせるのが楽しい」とにっこり。「愛着のあるまちに恩返しができれば」とそのまなざしは優しい。

青葉区版の人物風土記最新6件

橘 峻さん

青葉区を拠点に活動するボランティア団体「Learn&Laugh」の代表を務める

橘 峻さん

12月14日号

為石(ためいし) 摩利夫さん

園長として「こどもの国」を運営する

為石(ためいし) 摩利夫さん

11月30日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月23日号

近藤 恵理子さん

20周年を迎えたボランティア団体「デイサービスはなみずき」の代表を務める

近藤 恵理子さん

11月16日号

山崎(やまさき) 剛さん

東北楽天ゴールデンイーグルスへの入団が決まった

山崎(やまさき) 剛さん

11月9日号

高澤 佳栄(よしえ)さん

青葉区でプレイパークを運営する「青葉区冒険遊び場づくりの会」代表の

高澤 佳栄(よしえ)さん

11月2日号

創立3周年イベント開催!

12/22(金)~24(日) お試し鍼灸・Butch試食会など盛りだくさん!

http://www.momo.yokohama

<PR>

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ひみつきち」で集いを

「ひみつきち」で集いを

L&Lが交流の場づくり

12月3日~12月23日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ワイン知ろう&楽しもう

    青山 敦子 アカデミー・デュ・ヴァン講師

    ワイン知ろう&楽しもう

    第16回「ワインの顔色を見てあげましょう」

    12月7日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク