戸塚区版 掲載号:2017年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川県立特別支援学校 県政報告コミュニティスクール導入決定!神奈川県議会議員 そがべ久美子

 そがべ久美子は6月16日開催の県議会代表質問において「県立特別支援学校へコミュニティスクールを導入すべき」と主張し、教育長からは「2020年度までに特別支援学校全校にコミュニティスクールを導入する」との答弁を引き出しました。

 津久井やまゆり園での痛ましい事件から間もなく一年になります。ご本人、ご家族、関係者の方々の心の痛み、悲しみは今なお癒えることはありません。私は容疑者が発した、障がい者に対する偏見、差別志向に強い憤りを感じています。

 県は偏見や差別のない、誰もがその人らしく暮らす事の出来る「ともに生きる社会かながわ憲章」を県議会と共に策定し、普及啓発に精力的に取組んでいますが、残念ながら浸透度はまだまだです。

教育の現場では

 また、共生社会の実現には教育の役割が重要です。県では、子どもたちが障害の有無にかかわらず、共に学校生活を送るインクルーシブ教育を推進。小中学校でのモデル事業「みんなの教室」では、県自ら学校に出向き成果や課題を分析しています。義務教育の段階から学校生活を共におくることで相互理解を深め、将来の共生社会の担い手となって成長し、高校教育においてもその学びの連続性を確保することこそが、共生社会づくりに向けた重要な教育の役割です。

 その意味で、地域の方が学校運営に関わる特別支援学校のコミュニティスクール導入の決断は、全国1110校ある特別支援学校の中で21番目となり、且つ全校で実施される快挙です。

 今後も、人を大切にする共生社会かながわの実現にむけ、邁進していきます。

そがべ久美子

横浜市戸塚区戸塚町3993

TEL:045-869-4559
FAX:045-869-4560

http://www.sogabe-kumiko.com/

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

よこはま自民党マニフェスト中間検証を実施、結果は80点

連携による商店街づくり

元ワーキングママがゆく【16】 市政レポート

連携による商店街づくり

11月2日号

超高齢社会対策、財政的な目標設定を

学校現場に「法律的な視点」を

県政報告㊶

学校現場に「法律的な視点」を

10月19日号

LED防犯灯の普及に全力!

皆様の声をカタチに!  市政報告

LED防犯灯の普及に全力!

10月12日号

ベンチ・腰掛けで、皆に優しい街づくりを

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

10万個のイルミ輝く

10万個のイルミ輝く

東戸塚駅周辺で点灯

11月4日~1月31日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク