南区版 掲載号:2017年1月5日号

大木区長インタビュー

「顔の見える関係が財産」 社会

今年の取り組み語る

「みなっち」を手に笑顔の大木区長
「みなっち」を手に笑顔の大木区長
 2017年の幕明けにあたり、本紙は南区の大木節裕区長にインタビューを行い、区庁舎移転という歴史的な1年となった昨年の振り返りと今後の事業について聞いた。大木区長は「顔の見える関係が構築されていることが南区にとっての財産」と語り、人のつながりを意識した取り組みを進めたいとした。(聞き手/本紙・門馬康二)

 ――昨年4月に区長に就任し、南区にどのような印象を持ちましたか。

 「4年ぶりに南区に戻ってきました。下町情緒と人情味にあふれ、日ごろから顔の見える関係が構築されていると改めて感じました。これは南区にとって最大の強み、財産です」

次世代への活動も

 ――特に印象に残る出来事はどのようなものですか。

 「お祭りや健民祭などの行事から地域のつながりの強さを感じました。また、地域と小中学校の連携が進んでいたり、保護者による『おやじの会』の活動が盛んな様子が印象的でした。地域活動の担い手不足や自治会町内会の加入率低下が課題の中、次の世代へ向けた活動も多く見られました」

 ――南区運営方針に掲げている「減災」「健康」「賑わい」「こども」の取り組みについてはいかがですか。

 「減災は『みなみ防災ガイド』を発行し、区職員が地域に出向いて説明する形式にしました。また、災害時の要援護者支援への対応も進みました。健康については、ウォーキングイベントを通して歩く習慣の定着を進めています。認知症の早期対応へ向け、医師会との連携も図りました。賑わいは、春の『桜まつり』で川沿いのぼんぼりを中区付近までつなげたほか、会場を蒔田公園に移して盛り上がりました。海外からの観光客の姿もありました。こどもに関して、児童虐待防止に関するエリア別会議を開くなどしました」

 ――区庁舎移転から間もなく1年が経過します。

 「来庁者、職員にとって導線が良くなりました。また、庁舎に土木事務所が加わり、消防署との連携がしやすくなりました」

 ――移転以降、懸案となっていた区西部から庁舎への直通シャトルバスは、利用客が少なく、今年2月での廃止が決まりました。

 「廃止後の対応は交通局の協力も得て、乗り継ぎの割引を行います。今後、ご理解いただけるように丁寧に説明していきます」

 ――今後の事業で注目してほしいものは。

 「2月8日まで南公会堂の愛称の投票を行っています。3月11日に開く1周年記念コンサートで発表予定です。3月から始まる『全国都市緑化よこはまフェア』へ向けて、蒔田公園の花壇作りを進めました。フェアのテーマフラワーが南区の花でもある『さくら』ですので、桜まつりの際には盛り上げたいです」

横のつながり大切に

 ――南区民へのメッセージをお願いします。

 「『共感と信頼』や横のつながりを大切にし、住み続けたいと思える南区を作れるよう、みなさんと一緒に歩んでいきたいです」

最大4万円の家賃補助付

横浜市高齢者向け住宅 3月4日(土)・5日(日)に新築内覧会

http://www.powersunlimited.co.jp/company/shops.html#eswsComponent-1347549742355

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

「地域の力」を核に

2017年度南区予算案

「地域の力」を核に

2月16日号

旧耐震基準宅を戸別訪問

横浜市

旧耐震基準宅を戸別訪問

2月16日号

一般会計実質1.3%減

市新年度予算案

一般会計実質1.3%減

2月9日号

室内配置 試行錯誤続く

南区庁舎移転1年

室内配置 試行錯誤続く

2月9日号

井土ヶ谷に地域交流拠点

市が「専門職」増員へ

いじめ防止

市が「専門職」増員へ

2月2日号

関連記事(ベータ版)

南区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもの支援考える

多文化共生ラウンジ

子どもの支援考える

国際化などテーマに講座

2月23日~3月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年2月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/