南区版 掲載号:2017年3月9日号

南太田小石川校長

「Web日記」で魅力発信 教育

就任後2年、更新続ける

小学校のホームページを見せる石川校長
小学校のホームページを見せる石川校長

 市立南太田小学校の石川代治校長が同校ホームページに設ける「校長室日記」を就任後2年間、児童の登校日に更新し続けている。授業や校内行事での児童の様子を写真とコメントで伝えるなどし、更新は年間200回以上。連日の情報発信が保護者などから反響を呼び、ホームページへのアクセスは1カ月で2万件近くに達することもある。

 2015年4月に就任した石川校長は、仙田くに子前校長が「校長室日記」を日々更新していたことなどから、その流れを絶やさないようにと児童の様子や学校の魅力を発信する日記の更新を継続してきた。

 これまでブログの運営やツイッター、フェイスブックなどのSNSには取り組んだことがなかったという石川校長だが、「学校の様子を知らせることにとても効果的」と日記を校長就任後の自らの”ルーチン”にし、児童の登校日に更新することを決めたという。

 日記には、授業や授業参観、校内で開いたイベントの様子などを公開。撮影した写真に「一言コメント」を添えている。当初は作業に慣れず、写真1枚だけをアップすることも多かったが、現在は毎回3枚〜5枚を掲載。コメントも長い文章形式ではなく、保護者らが毎日気軽に読めるようにと一文ほどでコンパクトにまとめることを心掛けた。

 ほとんどの写真は石川校長が撮影。出張などで学校を離れる時は、職員が代わりに撮影するなどし、日々の更新を支えてくれているという。石川校長は、「毎日『校内でどんなことがあるんだろう』と考え、学校で起きていることをよりしっかりと見るようになった」と言い、児童や校内の様子を深く知ることに効果を感じている。

月2万件アクセスも

 16年度は3月3日までで207回更新。ホームページへのアクセスは、昨年10月は1カ月で2万件近くまで達した。ある男性保護者は「学校全体の流れを知ることができる。普通だと『学年だより』などで伝えていると思うが、より細かく書いてあるので分かりやすい」と話し、保護者が子どもの様子を知るツールになっているという。

 ホームページに設けた「学校日記」などで学習の様子を公開する学校は多いが、児童が登校するほぼすべてで更新するケースは珍しく、本紙の調べでは南区内の市立17小学校で2校。石川校長は「楽しみながら気負わずに続けることが一番。今後も子どもたちの良いところ、学校の魅力を伝えていきたい」と話す。
 

関連記事powered by weblio


神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

高齢者の消費者被害拡大

日本語支援拠点が始動

外国籍児童生徒対象

日本語支援拠点が始動

9月14日号

「高齢者に心の拠り所を」

六ツ川住民有志

「高齢者に心の拠り所を」

9月7日号

芸術劇場整備に意欲

林市長

芸術劇場整備に意欲

9月7日号

高架下に巨大壁画

南中生

高架下に巨大壁画

8月31日号

11年ぶりの作品 公開へ

映画監督中村さん

11年ぶりの作品 公開へ

8月31日号

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉田新田の「人」写す

吉田新田の「人」写す

19日から区庁舎で作品展

9月19日~9月29日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/