南区版 掲載号:2017年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

北海道の生徒が販売会

教育

横浜橋で特産品紹介

特産品を売る生徒
特産品を売る生徒
 横浜橋通商店街で5月12日、北海道雨竜郡にある秩父別(ちっぷべつ)町立秩父別中学校の3年生16人が町の特産品を販売した。

 同校は修学旅行で10日から2泊3日で東京や横浜を訪れた。生徒に町のPRをしてもらいながら、接客体験をしてもらおうと、販売会を企画。同商店街に依頼し、事務所前のスペースを借りた。町で作られたトマトを使ったジュースやブロッコリーが練り込まれたパスタなどを販売した。

 生徒はジュースの試飲を勧めたり、町の認知度を調査するなど、約1時間活動。ジュースの売れ行きが良く、試飲係だった青木悠花さんは「優しい人が多かった」と喜んだ。また、商店街の印象を「店が多くて、とてもにぎやか」と話した。

 秩父別は旭川市の西約30Kmにある人口約2400人の町。面積は約47平方キロメートルで南区の約4倍。水田が広がり、米の生産も盛ん。

 同商店街では今後も修学旅行生による販売会が予定されており、「中華街やみなとみらいとは異なる横浜を知ってほしい」と話す。

関連記事powered by weblio


南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク