南区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

北永田

桜の木で工作楽しむ

文化

親子60人、自然に触れる

工作を楽しむ子どもと大人(町内会提供)
工作を楽しむ子どもと大人(町内会提供)
 北永田地区の永田町上第三町内会(久木田重裕会長)が7月22日、町内にある「殿ヶ谷こどもの遊び場」で木っ端工作を楽しむ親子参加型イベントを行った。

 夏休みを迎えた子どもらが保護者と一緒に自然に触れる機会を作ろうと企画したもので、昨年に続き2回目。当日は周辺町内会の親子なども参加し、約60人が集まった。

 会場には南区が配布している倒木の恐れがあって伐採された大岡川の桜の木と、マツボックリやどんぐりなどを用意。広場の維持・管理を行う町内会有志の「緑の会」のメンバーらが子どもに木のペンダントや独創的なオブジェなどの作り方を教えた。

 久木田会長は「何でも買える時代に物をつくる楽しさを子どもが知った」とし、今後も子どもが自然に触れる機会を作りたいとした。

関連記事powered by weblio


南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク