南区版 掲載号:2017年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

井土ヶ谷交流拠点

魅力発見へ初の「集い」 社会

22日、人材連携目指す

会場のアーバンデザインセンター
会場のアーバンデザインセンター
 地域交流拠点「井土ヶ谷アーバンデザインセンター」(井土ヶ谷下町27の1)で8月22日、南区で活動するさまざまな立場の人を結ぶための集会「南区の集い」が行われる。南区の魅力発見と課題解決へ向けた初の試みで、主催者側は、幅広い参加を呼びかけている。

 同センターは今年1月にオープン。横浜市住宅供給公社が所有し、この建物内に本社を構える住宅リフォーム会社「太陽住建」が管理・運営する。両者が連携し、企業や団体の協力を得ながら、人と地域を結ぶ場を創設した。同公社によると、所有の空き家を活用し、このような交流拠点を作るのは初めて。

 センターの部屋は会議や展示などにも活用できる。すでに付近の町内会が会合を開くために使ったり、講演会や手作り品の販売会にも使用されている。

課題解決も

 太陽住建は、南区の魅力を再発見しながら、外国籍住民の増加による多文化共生や高齢化といった課題について考える機会を作ろうと「南区の集い」を企画した。同公社とNPO法人「横浜コミュニティデザイン・ラボ」が共催。8月から10月まで、第4火曜日に開催し、さまざまな視点から考えていく。

 初回の22日は、南区の地理や人口などの特徴が説明された後、参加者がグループに分かれて、南区の魅力やキーワードを出し合う。

 同社の河原英信会長は「南区が直面する課題の解決へ向けて模索するとともに、子どもが生まれ育った場所を住みやすく、自慢できるようにしたい」と話す。

さらに、「南区で市民活動やまちづくりをしている方など、南区に関係がある方ならば、誰でも参加可能」と呼びかけ、異なる分野で活動する人材が集まることによる”化学反応”にも期待する。

 午後6時から7時30分。参加無料。7時30分から9時に交流会(参加任意、参加費2千円、ノンアルコールは1千円)がある。申し込みは同社【フリーダイヤル】0120・460・025。

関連記事powered by weblio


南区版のトップニュース最新6件

カフェが生徒の「居場所」に

横総高

カフェが生徒の「居場所」に

10月12日号

空手親子が全国大会制覇

跡地、9億円で売却へ

別所1丁目旧土木事務所

跡地、9億円で売却へ

10月5日号

自民・菅氏に新人挑む

衆院選2区

自民・菅氏に新人挑む

10月5日号

空き店舗で魅力発見企画

弘明寺商店街

空き店舗で魅力発見企画

9月28日号

国内初、メスの医療犬誕生

六ツ川小児病院

国内初、メスの医療犬誕生

9月28日号

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月14日号

お問い合わせ

外部リンク