Y校生

ごみ拾いで企画運営知る

清掃通じ地域交流

掲載号:2017年1月19日号

  • googleplus
  • LINE
車いすに乗って沿道のごみを拾うY校生
車いすに乗って沿道のごみを拾うY校生

 市立横浜商業高校(冨地正博校長)で1月14日、拾ったごみの量などで順位を競う「スポーツGOMI拾い大会・第3回Y校カップ」が開催された。

 大会は一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブが主催し、全国各地で行っているもの。大会企画と運営を同校スポーツマネジメント科の生徒が行い、スポーツビジネスの学習や地域交流につなげている。

 周辺町内会や小学校、区役所などから約70人が参加。同科の2年生は2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えて車いす利用者の気持ちを理解しようと、いすに乗って学校周辺のごみを拾った。

 大会実行委員長の原陸人君(1年)は、「20年は世界中の人々、障害がある人も日本に来る。困っている時は自分たちで声を掛けてあげられるようにしたい」と話し、学んだことを今後に活かしたいとした。

 大会は1時間で約30kgを集めた「Y校おやじの会チームB」が優勝。合計129・39kgのごみが集まった。

  • googleplus
  • LINE

南区版のローカルニュース最新3件