戸塚区版 掲載号:2016年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

エマノン伊藤選手 プロ野球の舞台へ 四国IL(アイランドリーグ)・徳島に入団

スポーツ

活躍を誓う伊藤選手
活躍を誓う伊藤選手
 プロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグPlusのドラフト会議が11月13日に行われ、戸塚区を拠点とするチーム「EMANON(エマノン)Baseball(ベースボール)Club(クラブ)戸塚」(以下、エマノン)の伊藤克(すぐる)選手(20)が、徳島インディゴソックスに入団することが決まった。「プロの世界で活躍し、戸塚を代表する野球選手になりたい」と意気込む。

 伊藤選手は11月3日、同リーグが開催する選手採用のトライアウトに挑戦し、特別合格。13日に行われたドラフト会議で、徳島インディゴソックスが8位で交渉権を獲得した。

 ドラフト会議後、徳島の南啓介代表取締役から直接、「一緒に頑張ろう」との連絡が。「スタートに立つことができたことが本当に嬉しかった」と振り返る。

野球漬けから一転

 叔父、父親とも野球が好きという「野球一家」に生まれた伊藤選手。物心がついたころにはボールを握っており、父親から厳しく野球を叩き込まれたという。

 中学の頃は相模原リトルシニアに所属。2年の頃には、エースとしてチームを全国の舞台に導いた。しかし大会を前にして、肘の疲労骨折に見舞われる。エースの座も明け渡すことになり、苦汁をなめた。

 中学卒業を前に強豪校から声がかかるも、家庭の経済状況を理由に進学を断念。戸塚区内にある建設関係の会社に就職し、しばらくは野球から離れる生活を送っていた。

再びエースへ

 マウンドに戻るきっかけは18歳の春に見た、甲子園のテレビ中継だった。映っていたのは、中学時代に対戦した選手も在籍する横浜高校が活躍する姿。野球を離れた悔しさと共に、「自分にもできるはず」という思いが膨れ上がった。

 その頃に知ったのが、友人が所属していたエマノンだった。入団直後は「以前のように体が動かず、大変だった」と苦笑する。しかし何よりも、マウンドに戻れたことが嬉しかった。

 それ以来、合間を見つけては筋力トレーニングに励んだ。「のびのびとやらせてもらった。そのおかげで成長できたと思う」と話す。今年の春からは、エースを任されるようになった。

 178cm、82kg。がっちりとした体格が印象的だ。「強みは特にない。まだまだこれから」と謙虚。「あえて言えば、強い相手でも『どうしよう』と考えずに向かっていけること」と話す。エマノンの小池章夫監督は「徳島の方とは『将来的に150Km/hを目指せる選手』と話している。直球に加え、変化球で勝負できる選手に育ってくれれば」と背中を押す。「実は緊張しいの性格。でも、その緊張感は大切にして欲しい」

悔しさをバネに

 エマノンは地域貢献を大切にしており、今年はとつか夏祭りの日にゴミ拾いを実施。伊藤選手も参加した。「育ててくれた方や地域への感謝を忘れないようにして、将来は戸塚を代表するような選手になりたい」と瞳を輝かせる。

 伊藤選手は現在、プロ入りに向けて、「体の柔軟性」を重視したトレーニングに励む。体を上手に使うため、そして「ケガをしにくい体づくり」のためだ。「練習に参加できないのは、本当に苦痛なことだと知っているから」。青春時代に味わった悔しさをバネにして、プロ野球の世界へと大きく羽ばたく。

戸塚区版のトップニュース最新6件

救急医療の功労に評価

区内病院・歯科医

救急医療の功労に評価

9月20日号

定年後、DJ(ディスクジョッキー)で活躍

吉田町在住堀口さん

定年後、DJ(ディスクジョッキー)で活躍

9月20日号

介護の場が新たなステージ

元劇団四季鈴木さん

介護の場が新たなステージ

9月13日号

ブロック塀撤去に補助

横浜市

ブロック塀撤去に補助

9月13日号

ベイジュニアに選出

原宿レッズ須藤君

ベイジュニアに選出

9月6日号

全区への設置完了へ

認知症支援チーム

全区への設置完了へ

9月6日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒米の穂刈りに挑戦

黒米の穂刈りに挑戦

24、30日 舞岡公園内

9月24日~9月30日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク