戸塚区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

執筆続け200回 中嶌敏男さんの横顔を紹介

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

 2004年4月1日から本紙にコラムを執筆し続けている中嶌敏男さん=写真。独自の視点でコラムを書き続け、今回で200回を迎えた。

 コラムの内容は、ファッションに関する知識はもちろん、文化や歴史、男女関係や子育てに至るまで幅広い。「読んだ方が得したり、喜んでもらいたくて、文章にはいつもハートを込めています」とほほ笑む。

 御年70歳。山形県最上町に生まれた中嶌さんは16歳の頃に横浜に移住し、洋服業の世界へ入った。スタイル画、裁断、色彩などの学校で培った知識や、長年の商売経験を生かし、各所で講演や原稿執筆を行っている。また民謡・江差追分は50年来の趣味。自ら唄うほか指導を行うなど、各方面で活躍中だ。

 「若い人に対し、おしゃれをすれば出世もでき、人に好かれてモテる男になれることを指導していきたい」と今後の抱負を語る中嶌さん。「おしゃれ」に対する思いが尽きることはない。

 今回で200回の節目を迎えました。14年間書き続けて来られました事は、毎回読んでくださっている皆様や、感想のお言葉を頂戴した方々のおかげと心より感謝しております。今回は皆様からの質問や、問い合わせの多かった事をQ&A方式でお答え致します。

 Q―紺のスーツを選ぶときの色の濃さを教えて下さい。 A―濃紺より青みかかった紺は日本人の肌に似合う色で好感度が高く、安心感があって、女性からも好かれます。 Q―後ろが開いている服は礼装ではないというのは本当ですか? A―その通りです。センターやわきの開いているデザインは乗馬用として流行したもので、正礼装はベンツを開きません。 Q―通夜の参列者の装いは? A―家に帰って着替える時間があれば黒礼服ですが、会社帰りであれば、取るものもとりあえず駆けつけた雰囲気で、そのままの服が無難です。 Q―法要の男性の装いは? A―三回忌までは喪服着用ですが、七回忌、一三回忌は準礼装、またはダークスーツでも良い。 Q―では女性の法要の装いは? A―略喪服の黒ですが、一周忌以後の法要には黒を避けて紺やグレーの無地の服で、女性は回を重ねるごとに喪の色を少なくしていく事。 Q―香典袋の表書きは? A―「御霊前」であれば仏教以外の神道やキリスト教にも通じます。現金書留は香典袋にそのまま入れて下さい。 

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

とつか博士のわが街クイズ Vol.9

とつか博士のわが街クイズ Vol.9

協力:とつかお結びころりん隊

6月23日号

梅雨を彩る「あじさい祭り」

俣野別邸庭園 花だより Vol.5 

梅雨を彩る「あじさい祭り」

6月18日〜6月26日

6月9日号

トツカ・スポーツのススメ!

区内スポーツ団体紹介コーナー

トツカ・スポーツのススメ!

No.4 戸塚区ソフトテニス協会 

6月9日号

とつか歴史探訪

第80話〜大名行列も礼を払った清源院〜

とつか歴史探訪

6月9日号

口腔乾燥の違和感について

お口の健康塾2nd Vol.6

口腔乾燥の違和感について

6月2日号

とつか動物園コーナー Vol.19

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook