戸塚区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

戸塚区北海道下川町 地ビールで「友好」を促進 市内企業が製造・販売

文化

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena
完成を祝し、手を握り合う、太田社長(左)、谷町長、田雑区長
完成を祝し、手を握り合う、太田社長(左)、谷町長、田雑区長

 友好協定を結ぶ、戸塚区と北海道下川町の協力要請を受け、市内の地ビール製造会社・(株)横浜ビールが、両行政の特産物を活用したビール(発泡酒)「ともだちウィートエール」を製造した。1月26日には同社直営店でお披露目会も開かれ、関係者らが完成を祝った。

特産物の梨と小麦活用

 戸塚区と下川町は、2011年に「友好協定」を締結して以来、交流を続けてきた。今回の取り組みはそれを一歩進めたもの。両行政はそれぞれの特産物を活用した製品開発をしようと、昨夏からアイデアを練ってきた。その中で戸塚区からは梨を、下川町からは小麦を使ったビール(発泡酒)を作ることで話がまとまり、地ビール醸造を専門とする横浜ビールに協力を呼びかけたところ、快諾を得て、実現した。

 発泡酒には、区内の「平戸果樹の里」の豊水100kgと、同町の小麦(はるきらり)を60kg使用。深田優醸造長によると、フルーティーな香りとかすかに酸味が感じられる軽快な味わいが特徴的という。「梨と小麦、両者の良さがしっかり出るよう心掛けた」と話す。今回、330ミリリットルのビンビール・2500本分を製造。商品名は、友好協定を念頭に「ともだちウィートエール」とした。ラベルのデザインと印刷を受け持ったのは上矢部町の(株)大川印刷(大川哲郎代表取締役社長)。同社では「梨と小麦のほか、縁結びの『水引』もイメージしたイラストをあしらった」と語る。

お披露目会、盛大に

 中区で開かれたお披露目会には、田雑由紀乃戸塚区長、谷一之下川町長、太田久士横浜ビール代表取締役社長など関係者が多数出席。皆で試飲をした。田雑区長は「今後も素敵な関係を続けたい」とあいさつし、谷町長は「横浜ビールさんの配慮により直ぐに商品化できて驚いている」と笑顔を見せた。太田社長は「年1回、継続して醸造・販売していきたい」と語った。

 商品は西武東戸塚の酒売場や込山仲次郎商店(矢部町39の1)などで2月上旬から購入できる(540円)。問合せは横浜ビール【電話】045・640・0271。

目にも美しい「ともだちウィートエール」
目にも美しい「ともだちウィートエール」

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook