戸塚区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

皆様の声をカタチに! 市政報告 命と生活を守る補正予算 横浜市会議員 中島みつのり

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 市は5月15日、令和2年度の補正予算を成立させました。今回の補正予算はこれまでと様相を一変させています。それはひとえに、新型コロナウイルスを乗り越えるための施策の強化。5743億円の投入がそれを鮮明に表しています。今回の市政報告は、予算内容についてご説明します。

感染拡大防止に対策

 補正予算の最大の眼目は、感染拡大防止策・医療体制の整備と、経済対策。両輪で市民の命と生活を支える方針です。

 具体的には、重症・中等症患者等の受け入れ体制の整備。入院治療を必要とする陽性患者が確実に受け入れられるよう、施設整備費を助成します。旧市民病院も軽症者等の宿泊施設として活用させるほか、市医師会の協力の下、市内10カ所程度で簡易なPCR検査を開始。国費も活用しつつ、学校の感染症対策としてマスクや体温計、消毒液などの購入、高齢者施設等には、多床室の個室化への改修費を補助します。

給付金10万円支給へ

 続いて経済対策です。当初、所得減少世帯に30万円の給付が予定されていましたが、多くの国民の皆さまからの「不公平だ」「制度が分かりにくい」といった声を受け止め、公明党は「所得制限なし」「国民一人あたり10万円」の早期の支給を要望しました。

 山口代表の「国民に励ましと連帯のメッセージを伝えるべき」との強い申し入れにより安倍総理が決断し、補正予算の組み換えを実施。それを受け公明党市議団では、迅速な支給手続きや、DV被害者への寄り添った対応などを求め、着実に皆さまのお手元に届くよう努めています。また地域経済の要である、商店会への支援として加盟店舗に一時金を交付します。

 戦後最大の危機と言われるコロナ禍。感染予防を進めながら、経済を動かしていきたい。そのためのキーワードが「ソーシャル・キャピタル」。人と人の交流や社会参加、助け合いの度合いを定義する言葉で、この力が地域で深まっていけば、活性化や元気が生まれてくるはず。私もその構築に向け、全力であらゆる取組みを進めます。

横浜市会議員 中島光徳

神奈川県横浜市戸塚区原宿4丁目13-12

TEL:045-410-6307
FAX:045-410-6308

http://nakajima-mitsunori.com/

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

市、コロナ対策2次補正に187億円

横浜市会報告

市、コロナ対策2次補正に187億円

横浜市会議員 鈴木太郎

7月9日号

主婦感覚を活かして提言

元ワーキングママがゆく 35 市政レポート

主婦感覚を活かして提言

横浜市会議員 伏見ゆきえ

7月2日号

定額給付金、確実に届けたい

皆様の声をカタチに! 市政報告

定額給付金、確実に届けたい

横浜市会議員 中島みつのり

6月18日号

コロナ便乗商法から県民を守れ

県政報告 81

コロナ便乗商法から県民を守れ

神奈川県議会議員 北井宏昭

6月11日号

ウイルスから福祉現場を守れ

県政報告80

ウイルスから福祉現場を守れ

神奈川県議会議員 北井宏昭

6月4日号

命と生活を守る補正予算

皆様の声をカタチに! 市政報告

命と生活を守る補正予算

横浜市会議員 中島みつのり

5月28日号

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク