戸塚区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

上矢部町佐藤さん 県美化功労者に選出 長年の阿久和川清掃 評価

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
受賞を喜ぶ佐藤さん。阿久和川を清掃するメンバー
受賞を喜ぶ佐藤さん。阿久和川を清掃するメンバー

 上矢部町在住の佐藤健治さん(83)が11月10日、「県美化運動推進功労者表彰」に区内で唯一選出された。阿久和川の清掃活動を長年にわたり続けてきたことが受賞につながった。

 約60年の歴史を持つ同表彰は、美化運動の指導啓発や広報・清掃活動を長年継続し、業績や功労があった個人、団体を選出するもの。今年度は個人14人、団体15が選ばれている。

目に見えて奇麗に

 地域住民と上矢部小学校児童・教諭が、阿久和川の清掃や花植えによる美化、川の生き物調査などを行う「上矢部まちづくりの会」に佐藤さんは所属している。同会内にある「AQUAかるがも隊」は毎月第4日曜日、同河川の清掃を実施。佐藤さんは約20年間にわたり汗をかいており、ここ5年間の参加率はほぼ100%だ。二宮兼重同会代表によると、スタート当初は自転車や空き缶など多数のゴミが河川内や両岸に捨てられていたが、毎回120人から130人の参加者が一生懸命に清掃しているうちに、最近は目に見えて奇麗になってきているという。今回の佐藤さんの表彰は多年にわたり、この活動をけん引してきたことが高い評価を得た。「楽しく、有意義にぼちぼちやっていたらこんな大きな賞をもらえた。嬉しいね」と目を細める。

「横浜環境行動賞」も

 佐藤さんは、16年に横浜市長から「横浜環境行動賞」も受賞。また、大学で貿易を学んだことから、上矢部小学校で英語の授業をしたり、子どもたちの登下校の見守り活動も続けたりしてきた。最近はアメリカンポップスを歌い、歌詞を和訳するレッスンも受けるなど、老いを感じさせない。「長年続けて来られたのは、支えてくれた妻のおかげ。何とか元気に頑張りたい」と語った。

戸塚区版のトップニュース最新6

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク