戸塚区版 掲載号:2021年9月9日号 エリアトップへ

横浜市会報告 大切なのは持続可能な財政の確立 横浜市会議員 鈴木太郎

掲載号:2021年9月9日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市に新たに山中竹春市長が誕生しました。医師ではないものの、「コロナの専門家」を自称する新市長には、まずはコロナ対策を徹底してウイルスの封じ込めを実現してもらいたい。もちろん、それには協力を惜しまないつもりです。

 そのうえで横浜市の将来を考えると、大切なのは、持続可能な財政の確立です。人口370万人を超える大都市なので財政的に豊かな自治体と思われますが、それは誤解。近年の予算編成では、貯金にあたる基金を取り崩さなければ収支を合わせることができません。将来を見通しても非常に厳しい状況です。昨年、公表した長期財政推計では、2065年度には単年度の収支不足が2千億円超えの見込み。適切な対策を講じなければ、大幅な増税や当たり前に行われている行政サービスのストップも考えられます。

IRに代わる施策を

 そこで、これまで検討されてきたのが統合型リゾート(IR)です。IRは、単なるリゾート開発とは別の制度のもとで管理されるので、民間事業者は通常の納税義務に加えて立地自治体に納付金を収める仕組みになっています。この納付金が年間800億円とも1千億円とも試算されています。横浜市の将来の財政を考えたときにIRからもたらされるであろう財源は魅力的に映るのは言うまでもありません。しかし、今回の市長選挙を通じて将来の財源不足を補う手段の一つとしてのIRの可能性は完全になくなりました。だからこそ山中市長には、IRに代わる財源を捻出できる将来ビジョンを示すことを期待します。

党派を超えて連携を

 持続可能な財政を確立する基本は、「歳入を増やす」ことと「歳出を減らす」こと。例えば、企業誘致によって法人市民税の増収をはかれないか?郊外住宅地を再生し住民を増やすことで個人市民税を増やせないか?人口減少に合わせて公共施設も減らせないか?役割を終えた住民サービスを縮小できないか?こういう地道な政策を積み上げていかなければなりません。

 私は、市長と議会が党派を超えて横浜市の持続可能な財政の確立に向けて知恵を結集していくことが重要であり、その成果として「長期財政ビジョン」にまとめていくべきと考えています。

鈴木太郎政策研究所

横浜市戸塚区戸塚町4158 山一№2ビル203

TEL:045-860-2564
FAX:045-865-0337

http://www.suzukitaro.com/

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

国会・県会と連携し、コロナ対策前進

皆様の声をカタチに! 市政報告

国会・県会と連携し、コロナ対策前進

横浜市会議員 中島みつのり

9月23日号

大切なのは持続可能な財政の確立

横浜市会報告

大切なのは持続可能な財政の確立

横浜市会議員 鈴木太郎

9月9日号

山中竹春新市長誕生、政府は臨時国会の早期開催を

山中竹春新市長誕生、政府は臨時国会の早期開催を

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

9月2日号

デジタル化で負担を軽減

元ワーキングママがゆく 43 市政レポート

デジタル化で負担を軽減

横浜市会議員 伏見ゆきえ

9月2日号

AI活用し、地域の課題改善へ

皆様の声をカタチに! 市政報告

AI活用し、地域の課題改善へ

横浜市会議員 中島みつのり

8月26日号

協力要請の効果を検証せよ

県政報告 99

協力要請の効果を検証せよ

神奈川県議会議員 北井宏昭

8月19日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook