戸塚区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

とつか歴史探訪 ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第71話〜道で見かける石仏・庚申塔:その1 庚申信仰〜

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena

 歴史の町戸塚は歩いていると、古い石仏をよく見かけます。神社の境内や道端のほか個人宅の敷地にもあって、その数は戸塚区内で400基以上にものぼります。多種多様な石仏の中で戸塚に際立って多いのが『庚申塔(こうしんとう)』と呼ばれる石仏で、160基ほどが確認されています。

 平安時代に貴族の間で、中国の道教に由来する庚申信仰が流行しました。それによれば、人間の体内には三巳(さんし)の虫が住んでいて、60日に一度の庚申(かのえさる)の日の夜に人が眠ると、その虫が天に昇り天帝(天の神様)にその人の行状を報告します。悪い行いがあると天帝はその分だけその人の寿命を縮めるということです。そこで眠りさえしなければ三巳の虫は体内から出ないだろうということで、庚申の夜に人が集まって眠らずに夜を明かしました。これを「庚申待ち」といいます。

 江戸時代になると庶民の間にも習慣が広まり、村人が3年とかの期間を決めて無病息災や延命などの願かけをし、庚申の日に集まって徹夜をしました。そして無事に満願の日まで続けられると庚申塔を神社などに奉納しました。道標を兼ねて道端に建てることもありました。地域の民間信仰行事であると同時に、飲食を共にして懇親を深めることで村人の連帯感を高める機会にもなっていました。

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

とつか歴史探訪

第74話〜頼朝の遺髪と平戸白旗神社〜

とつか歴史探訪

■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜

1月20日号

とつか博士のわが街クイズ Vol.3

とつか博士のわが街クイズ Vol.3

協力:とつかお結び広場運営委員会

1月20日号

とつか動物園コーナー Vol.17

とつか博士のわが街クイズ Vol.3

とつか博士のわが街クイズ Vol.3

協力:とつかお結び広場運営委員会

1月13日号

俣野別邸庭園 花だより Vol.2 

俣野別邸庭園 花だより Vol.2 

ソシンロウバイ 1月下旬まで見頃

1月13日号

健康塾2nd シーズンはじまります

お口の健康塾2nd Vol.1

健康塾2nd シーズンはじまります

1月6日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook