保土ケ谷区版 掲載号:2011年3月3日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市営バス 新井町方面に新路線 住民の要請受け実現 7日(月)から運行

社会

敬老パスも利用可能
敬老パスも利用可能

 横浜市交通局は先月24日、これまで公共交通機関の空白地だった新井中学校の周辺ルートにおいて市営バスを運行すると発表した。

 これは、既に218系統のバス運行が行われている望洋台地区(保土ケ谷区上菅田町)と、福寿荘(旭区白根2丁目)の中間に位置する『興和台地区』(川島町)に小型バス(写真右)を走らせようというもの。

 実現に向けては、以前から地元住民から強い要望が寄せられており、複数回の協議の結果、この218系統の一部を延伸することで決着。実施の運びとなった。

従来線と交互運行

 3月7日(月)から乗降車が可能になる新路線については、従来のルートを走る便と交互に運行される予定。具体的には、これまで1日45便(土曜・休日は44便)が運行されてきた「望洋台地区→西谷駅→福寿荘」ルートを運行するバスのうち、20便が西谷駅から「興和台地区」に向かう路線になる(土曜・休日は21便)。

 保土ケ谷区内では、新井中学校前などに新たなバス停も誕生するなど、区民の利便性が向上することから地元は歓迎ムード一色の様相。「新路線の運行エリアは丘陵地区のため、これまで坂の往復が本当に大変だった。これからは買物など外出の際の足として頻繁に利用していきたい」といった声が多く聞かれ、住民からの期待が高まっている。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

「診療可能」は旗が目印

災害時医療

「診療可能」は旗が目印

3月8日号

区の歌合唱団が10周年

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク