保土ケ谷区版 掲載号:2011年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

振り込め詐欺ひったくり 区内で増加傾向 山坂多い地形で悪影響も

社会

バイクでの犯行が多い(写真は保土ケ谷署での訓練の様子)
バイクでの犯行が多い(写真は保土ケ谷署での訓練の様子)

 保土ケ谷警察署(園田福春署長)管内でここ最近、ひったくりと振り込め詐欺の被害が増加しており、同署ではパトロールの強化に加え、イベントなどで区民に注意を呼びかけている。

暗い街路が要因?

 同署によると、今年に入り管内で起きたひったくり被害は49件(7月15日現在)で、前年より19件増。今年になって増加した明確な原因は判明していないが、一部では節電で街路灯が暗くなった事も要因にあるのではないかと指摘されている。さらに、保土ケ谷区は入り組んだ地形で人目の行き届かない場所も多いため、大通りから外れた住宅街での犯行も頻出。近年、こうした地理的特徴を逆手にとったケースも目立つという。

 被害の防止策としては、車道側の手にカバンを持たないこと、カバンをたすきがけにすること、携帯電話や音楽機器を使用しながらの歩行を控える事などが有効的。また、絶えず後ろを振り返りながら歩くことでも犯行を防げるという。

”手渡し型”が横行

 一方、振り込め詐欺の発生件数は19件(7月15日現在)で、前年より11件増えている。被害者に多いのは50〜80代の女性で、保土ケ谷区では、銀行員などを装った犯人が、電話後に直接現金やカードを受け取りに来る”手渡し型”が多発しているという。

 ひったくり・振り込め詐欺ともに”まさか自分が”という警戒心の薄さが被害を招くこともあり、署では「他人事と思わず、一人ひとりが防犯意識を持ってほしい」と呼びかけている。

 

 
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

「診療可能」は旗が目印

災害時医療

「診療可能」は旗が目印

3月8日号

区の歌合唱団が10周年

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク