保土ケ谷区版 掲載号:2011年12月22日号
  • googleplus
  • LINE

保土ケ谷中 齊藤さんの絵が東北へ 相鉄絵画展

社会

ストーブ列車を明るく描いた
ストーブ列車を明るく描いた

 相模鉄道株式会社は、今夏開催した絵画展の応募作品を東北鉄道協会(澤田長二郎会長)に寄贈した。東北に元気を届けようと、笑顔や東北ローカル線などをテーマに作品を募集した絵画展には、幼児から中学生まで1167点の応募が集まった。11月17日に津軽鉄道・津軽五所川原駅(青森県)で行われた寄贈式では、代表として保土ケ谷中3年の齊藤美樹さんの作品が澤田会長に手渡された。

 齊藤さんの作品は、津軽鉄道のストーブ列車を題材にしたもの。明るいイメージになるよう、実物よりもオレンジや黄色を多く使ったという。澤田会長が津軽鉄道の社長でもあったことから、同社の鉄道をモチーフにした齊藤さんの作品が寄贈式の主役を飾ることとなった。

 美術部で絵画展のことを知った齊藤さんは「大きな地震があり、自分にもできることはないかと思っていた。絵を描くことで笑顔になってくれる人がいるなら」と応募を決意。寄贈の知らせに「東北まで届けられたと聞き、驚いた。地震で大変な思いをしている人に、絵を見て何かを感じてもらえたら嬉しい」と話していた。その他の応募作も全て同協会に寄贈され、駅などに飾られるという。
 

齊藤美樹さん
齊藤美樹さん

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク