保土ケ谷区版 掲載号:2012年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

待機児童、一時的に解消 区内に4保育所が開園

社会

横浜保育室として開園した「星川もえぎ保育園」
横浜保育室として開園した「星川もえぎ保育園」

 保土ケ谷区内に4月から新たに3つの認可保育所が開園した。新規開園が2園、既存の園を拡大する形で認可保育所となったのが1園。また、横浜市が独自の基準で設置する認可外保育所「横浜保育室」も新たに1園開園した。

 この程開園したのは「えぶちにしや園」(西谷町)「森のルーナ」(常盤台)「プチアンジュ保育園」(今井町)の3園。「プチアンジュ保育園」は既存の園を移転し、定員を28人から90人に拡大する形をとり、他2園は新たに開園する。

 「森のルーナ」は、横浜国立大学の敷地内に設置。大学の敷地内に保育所が設けられるのは、港北区の慶応義塾大学に続き、市内では2カ所目。保育士養成課程などを持たない大学に設置されるのは、全国でも珍しい例だという。

 また、国の基準とは別に、横浜市が独自の基準で認定している「横浜保育室」として「星川もえぎ保育園」(川辺町)が区内では5園目として開園した。

 今回の開園で入所の定員枠は182人増加。区の待機児童数は昨年4月時点で34人。区の担当者によるとこの分の待機児童は解消されたものの「近くに開園するなら入所したい」という声や「入所できるようであれば共働きを考えている」といった声も既に出てきているという。

 これに対し、市や区では、家庭保育福祉員らが、自宅などで少人数の保育を請け負う「家庭的保育室」の設置や、保育所に関する相談を専門とするスタッフ(保育コンシェルジュ)の配置など、引き続き対策を続けていく。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク