保土ケ谷区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

上菅田で復興支援市 岩手のカキなど販売

熱々のカキは好評を呼んだ
熱々のカキは好評を呼んだ

 上菅田町で11月17日、東日本大震災の被災地・岩手県山田町を支援するイベントが開催された。

 この催しは、上菅田自治会(松野正敬会長)が主催したもの。上菅田町在住で、山田町出身の石崎久仁王さんらが中心となって準備を進めてきた。

 山田町は漁師町として有名で、カキやホタテ、アワビなどの養殖漁業が盛んな地域。震災でこれらの漁場が大きな損害を被ったため、石崎さんらの所属する「三陸やまだ漁協を応援する会」が復興支援に取り組んでいる。

 同会ではこれまでにも保土ケ谷の区民まつりで特産品のブースを出店するなどしてきたが、この特産市が好評だったため、今回の企画が実現した。

 当日は、上菅田自治会館前で岩手産のカキやホタテのバーベキュー、焼きそばなどを販売。あいにくの雨天となったものの、近隣住民ら約130人が来場し、焼きたての東北の味を楽しんだ。また会場では、募金の呼びかけのほか、カキの養殖を支援する「復興カキオーナー」の協力呼びかけなどを行った。

 石崎さんは「漁業の町だから、まずは漁師さんに元気になってもらいたいと思い取り組んでいる。(イベントでは)多くの方が募金にも協力してくださって、胸が熱くなった」と話していた。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク