保土ケ谷区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

自閉症喜多学さん 力作がコンクール入賞 来年のカレンダーに採用

作品を手にする喜多さん(写真左)と施設長の谷口さん(同右)
作品を手にする喜多さん(写真左)と施設長の谷口さん(同右)

 区内にある障害者作業所「夢21西谷(特)」に通う喜多学さんの描いた絵が、きょうされん(旧称・共同作業所全国連絡会)主催のコンクールに入賞。同連絡会が制作する2013年版のカレンダーに採用されている。

「塗る」は至難

 喜多さんが入賞を果たしたのは「きょうされんグッズデザインコンクール・カレンダー部門」。全国にある障害者作業所などから寄せられた1918点の応募作品の中から選ばれた。

 絵のタイトルは「スイカいただきます!」。約半年間の期間を費やし、クレヨンと水彩絵の具で描かれた明るいタッチの作品は、皮と思われる緑部分が上になっているユニークで大きなスイカが印象的。施設長を務める谷口実さんは「『しっかりと塗る』という工程が、本当に大変だったんです」と、制作の苦労を説明する。

 今回の絵には、細部にわたって配色が施され、スイカの「種」まで丁寧に描写されている。

着実に成長

 瀬谷区在住の喜多さんは1976年生まれの35歳。生まれながらに自閉症で、県立三ツ境養護学校を卒業後「夢21西谷I」に入所。菓子箱の組み立て作業などに従事している。この施設の2階では「絵画教室」が開かれており、約10年前からは作業の傍ら絵の世界にも没頭するように。初めは丸や四角、三角を描くだけでも四苦八苦していたが「今ではブドウや信号などを描き、中の色を塗り分けられるようになった」と、当時を知る関係者。その成長ぶりに目を細める。

 また、毎年実施されているこのコンクールへの作品応募についても、ほぼ毎回のように出品。約10年に及ぶ努力が自身のレベルアップにつながり今年、念願の初入賞となった。

みんなの励みに

 自閉症のために普段は表情が読み取りにくく、喜びのコメントもなかった喜多さん。だが作品が壁掛けカレンダーに採用され「7月」のデザインとなって届けられると嬉しそうに見つめる場面がみられたという。このカレンダーは「はたらく仲間のうた」として同作業所(【電話】045・371・4233)などで販売されている。谷口施設長は「全国規模のコンクールで入賞者が生まれた事は、作業所に通う他のメンバー達にも大いに励みになる。これからも毎年、作品を応募できるようバックアップしていければ」と話している。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク