保土ケ谷区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

上菅田小・西谷中で式典 創立50周年を祝う

教育

西谷中に建立された歌碑
西谷中に建立された歌碑

 上菅田小学校(堀江邦子校長)と西谷中学校(三宅一彦校長)でこのほど、創立50周年を祝う式典が相次いで開催された。

 上菅田小学校では11月10日に記念行事を開催。午前中は児童式典を行い、子ども達は記念に制作されたおそろいの「グリーンTシャツ」に身を包んで学校の50歳を祝った。

 同校では児童からの公募で50周年キャラクター「グリーンヒーロー」を制作。式典では、全校児童がペットボトルキャップを使って描いた「グリーンヒーロー」が公開された。

 また、地元の作曲家・悠木昭宏さんが児童の案を取り入れながら作曲した記念ソング「夢のさかみち」も披露。悠木さんの指揮と6年生の器楽演奏にあわせて全校児童で合唱した。

 午後には地元住民や関係者を招いて式典が行われ、ここでも保護者による記念ソング合唱が披露された。

奥寺氏が講演

 西谷中学校では、11月16日と17日の2日間で記念行事を開催。

 16日には、地元西谷を拠点に活動するサッカーチーム横浜FC((株)横浜フリエスポーツクラブ)会長で、元サッカー日本代表の奥寺康彦氏が同校を訪れ、「夢・チャレンジ」をテーマに記念講演を行った。

 奥寺氏は、ドイツのチームでプレーした際の苦労や成功談を生徒に語り、「失敗をしても、必ずその経験が肥やしになる。失敗を恐れず、自分の好きなことや得意なことに向かって挑戦し続けてください」と呼びかけた。

 また同日、周年記念で建立された校歌歌碑の除幕式も行われた。

 翌17日に開かれた記念式典と祝賀会には、地元住民や卒業生約200人が参加。思い出話に花を咲かせるなどしながら、賑やかに周年を祝った。

 同校は1962年5月1日創立。3期生にあたり、現在は西谷郵便局に勤めている卒業生の野口昇さんは「式典に参加していて、中学時代に吹奏楽部の初期メンバーとして活動したことを懐かしく思い出した。当時は楽器の数も足りないほどだったが、今では(吹奏楽部の)後輩達が活躍していて、感無量の思いです」と話していた。
 

記念ソングを児童が披露
記念ソングを児童が披露
母校の50歳を盛大に祝った
母校の50歳を盛大に祝った
記念キャラクターも登場
記念キャラクターも登場

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク