保土ケ谷区版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

横浜FC 保土ケ谷の声援に感謝 選手が区長を表敬訪問

スポーツ

鈴木区長(右)からだるまを受け取った中里選手(左)
鈴木区長(右)からだるまを受け取った中里選手(左)

 西谷を拠点に活動するプロサッカーチーム・横浜FCの選手らが11月26日、鈴木和宏保土ケ谷区長を表敬訪問した。

 同チームは今シーズンJ2で4位の成績を残し、J1昇格をかけたプレーオフに進出。11月18日、ニッパツ三ツ沢球技場で準決勝に挑んだが、惜しくも敗退し、今季の昇格を逃した。

 保土ケ谷区では今年、区民デーの開催や、各種イベントでのタイアップをとおしてチームを応援。18日のプレーオフでは、鈴木区長もユニホーム姿で観戦に駆け付けるなど、地域をあげての声援を送ってきた。

 今回の訪問はこうした応援に対して、チームから感謝を伝える目的で実施されたもの。当日は中里崇弘選手、永井雄一郎選手、村井泰希選手の3人が区役所を訪れ、区長らと会談した。

 鈴木区長は今シーズン始めの監督交代に触れ「区役所でもサッカーでも、トップが代わるというのは影響の大きいことだと思うが、監督交代で変化した部分はあったか」と質問。これに対し、永井選手が「自分達が目指すものが明確になり、悩みなく思い切りプレーできるようになった部分はあったのではないか」と答えた。

 また来季の抱負について中里選手が「J1昇格を目標に保土ケ谷の皆さんと一緒に頑張りたい」と話し、永井選手も「昇格を成し遂げ、保土ケ谷区をJ1チームのある街としてさらに盛り上げていきたい」と熱く語った。

 最後に区から、来季のJ1昇格を祈願して、だるまがプレゼントされた。だるまには「祈・J1昇格」の文字が刻まれており、3選手が片目を描き入れて昇格を祈念。鈴木区長は「来年の今頃に両目を入れられるよう頑張ってください」と呼びかけた。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク