保土ケ谷区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

横浜FC 昇格かけ シーズン開幕 ホーム初戦は3月10日

スポーツ

2013シーズンを戦うメンバー
2013シーズンを戦うメンバー

 サッカー・J2の2013シーズンが3月3日(日)に開幕する。保土ケ谷区に拠点を置くプロサッカーチーム「横浜FC」は、3日にFC岐阜とアウェイ戦で対決。ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川区)でのホーム開幕は、10日(日)の徳島ヴォルティス戦となる。

 同チームは昨シーズン、開幕後の3月下旬に成績低迷から前監督を解任し、山口素弘監督が新たに就任。その後、5月には6連勝を達成するなど怒涛の巻き返しを図り、リーグ戦で4位に。 昨シーズンから導入された「J1昇格プレーオフ」に進出したが、惜しくも準決勝で敗れ、あと1歩のところで昇格を逃した。

 現在、チームは西谷浄水場内のトレーニングセンターでの練習や強化キャンプなどを重ね、開幕に向け準備を進めている。

「FCらしさを」

 今シーズンは、13人の新加入選手を迎えた他、約6年間在籍し、昨シーズンはキャプテンを務めた難波宏明選手が「水戸ホーリーホック」に期限付き移籍。メンバーの顔ぶれに大きな変化がある中、「あと一歩届かなかった昇格に向け、昨シーズンよりパワーアップし、ナンバーワンに」などの決意を込めたスローガン「+ONE」(プラスワン)を掲げて戦う。

 また、この言葉には「山口監督オリジナルの横浜FCらしいオンリーワンのサッカー」という意味も込められている。開幕初戦から山口監督体制で迎えるのは今シーズンが初となり、昨シーズン好成績を残した新たな指導者に期待が高まる。 

観客増で新たな試み

 こうした中、チームではホーム戦の観客動員数を増やそうと新機軸の「ホームゲーム連勝祈願チケット」を導入。ホーム戦でチームが勝ち続ける限り、1枚のチケットで連続して観戦できるという仕組み(10日のホーム開幕戦から開始)で、新たな試みが話題となっている。

地元からもエール

 チームが練習場を区内に移転してから今年で4年目。保土ケ谷区民デーの開催や、地域イベントへのFCブース設置など、地元との連携も着実に進む。

 昨シーズン終了後には選手らが鈴木和宏区長を表敬訪問し、区から必勝祈願のダルマがプレゼントされるなど、”保土ケ谷区のサッカーチーム”として区民らの期待も高まる。

 開幕を前に、鈴木区長は「今年こそJ1昇格を実現し、保土ケ谷をチームカラーの青一色に染める日を信じています」とエールを送っている。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月29日号

街の魅力インスタで発信

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月22日号

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

3/29家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク