保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月7日号 エリアトップへ

ズーラシア動物園 来春、国内最大規模に 入園者増につながるか

掲載号:2014年8月7日号

  • LINE
  • hatena

 来春の公開に向け、よこはま動物園ズーラシア(村田浩一園長)=旭区上白根=に整備される新区画「アフリカのサバンナ」ゾーン。現在、施設の工事と動物の準備が進められている。全面開園すると面積約53ha。国内最大級の動物園となる。一方、同園の年間入園者数は2010年度以降、4年連続で100万人を割り込んでいるのが実状。新区画の開園が入園者数回復の切り札となるか注目される。

 公益財団法人「横浜市緑の協会」が管理・運営を行うズーラシアが開園したのは15年前の1999年4月。オカピ・ホッキョクグマなど105種の動物が、本来の生息環境を再現した飼育・展示方法で見られる。来春公開される新区画には、チーター・キリンなど37種が加わる予定だ。事業費は2億8200万円。

 一方、同園の年間入園者数は、開園初年度が約224万人で最多。その後10年間の平均は約112万人だったが、2010年度以降、4年連続で100万人を割り込み、12年度は80万人台となった。「記録的な猛暑(10年)、東日本大震災と外出控え(11年・12年)などの影響もあった」と市環境創造局担当者は話す。開園以来、同園では4度の区画拡張を実施。その都度、直後の入園者数は概ね増加したが、目安と考える、09年度の「122万人」には遠い。

修学旅行コースに

 修学旅行などで昨年、同園を訪れた学校団体は505。同園の指定管理者である緑の協会職員が旅行会社を回り、同園がツアーに組み込まれるように売り込みを行っているという。また、市内の校長らが集まる会議に出向き、同園が環境教育の一環になることをPR。遠足の行先としての開拓にも取り組む。「ズーラシアは横浜を代表する総合動物園。これを契機に、さらに多くの方たちに来ていただきたい」と担当者は話す。

アクセスも課題

 最寄駅のJR横浜線・市営地下鉄「中山駅」、相鉄線「三ツ境駅」「鶴ヶ峰駅」からバスで15分掛かる同園は、アクセス改善も課題だ。将来的に「中山駅」から「二俣川駅」「上大岡駅」方面への市営地下鉄延伸構想もあり、「ズーラシア周辺に駅ができれば利便性が増し、地域の活性化にもつながる」と早期実現を求める声も上がっている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「保中タイムズ」が最優秀

保土ケ谷中新聞部

「保中タイムズ」が最優秀 教育

県コンクール3連覇

12月3日号

「見守りシール」普及進まず

認知症高齢者等

「見守りシール」普及進まず 社会

活用事例は2年で27件

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

終電最大20分繰り上げ

相模鉄道

終電最大20分繰り上げ 社会

来春のダイヤ改正から

11月26日号

ベルギーへ完全移籍

横浜FC斉藤光毅選手

ベルギーへ完全移籍 スポーツ

「活躍する姿で感謝を」

11月19日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク