保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

体験から学ぶ自助の意味 保土ケ谷火災予防協会

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 昭和25年に創設された保土ケ谷火災予防協会。現在、249の事業所が加盟し活動している。22年目を迎えた3代目の石井忠会長に話を聞いた。

―同会の歴史を教えてください。

 横浜市火災予防研究会保土ケ谷支部として発足し、1972年に現在の名称に変わりました。発足当時の保土ケ谷は、事業所や工場の街。現在に至るまで社会情勢は著しく変わり、工場などは移転・整理され、その跡地にはマンションやビルが建設されています。会員数も時代とともに変わってきましたが、社会的防災の責務を果たすという目的はずっと変わらない大切な思いです。

―どのような活動をおこなっていますか。

防火に関する自衛消防意識の高揚と実践を図り、会員相互の親睦と情報交換を行っています。自らの事業所の防火防災はもちろん、消防署と連携をとりながら区民に向けた広報活動にも力をいれています。

―東日本大震災の経験で、私たちは防災に対する考えが深くなったと思います。

3月11日、私は小田原駅の

電車の中でした。まずは自分の身を守り、しばらく動けなくなることを予想して売店で必要なものを購入するなど安全を確保しました。なかなか電話がつながらない中、なんとか家族と社員の無事を確認することができました。近くに家族と連絡が取れないという妊婦さんがいたので、妻と励ましながら何時間も過ごしました。日ごろ防災について話していたことで、冷静に行動ができました。自分が助かったから、周りを助けることができる。自助の大切さを痛感しました。当会は20万区民の自助・共助による減災運動を消防署と一緒に推進しています。これを機に避難所の確認など、何か1つでも行動に移し、取組を実践につないでいければと思います。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

3センチほどに成長

鮭の稚魚

3センチほどに成長 社会

3月上旬に帷子川に放流へ

1月16日号

ボードゲームで脳を活性化

ボードゲームで脳を活性化 社会

2月に講座

1月16日号

「100年時代」語るシンポ

糖尿病のいろはレクチャー

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろはレクチャー 社会

きょう、あすの2日間

1月16日号

輸入食品との付き合い方

輸入食品との付き合い方 社会

消費生活教室、22日

1月16日号

2月に入会説明会

子育てサポートシステム

2月に入会説明会 社会

参加者を募集中

1月16日号

プロ楽団のリハ公開

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク