保土ケ谷区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

和田町で創業いかが? 市が「お試し出店」募る

社会

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena
国道16号線沿いにある出店予定スペース
国道16号線沿いにある出店予定スペース

 横浜市は現在、市内の商店街での店舗運営を検討している人を対象とした「チャレンジショップ」の参加者を11月28日まで募集している。これは商店街の空き店舗に、創業希望者が「お試し」で一定期間店舗を出店できるもので、保土ケ谷区内では和田町商店街内のスペースを活用する。

 (一社)神奈川県中小企業診断協会(【電話】045・228・7870)が事務局を務めるこの事業は、経営のノウハウや消費者の反応に直接触れることによる創業希望者の発掘や育成を目的としたもの。市の書類審査や面接を通じ、出店者を決める。期間は2015年1月21日から3月31日、4月1日から8月31日、10月1日から16年2月28日の計3期で、現在は第1期を募集中だが、第3期まで運営を続けることも可能。市は小売・サービス業などの出店を想定している。また期間中は中小企業診断士による集客や広報、リピーターを増やす方法などについての相談もできる。

空き店舗を活用

 空き店舗のある和田町商店街協同組合は小売店が少なく、買い物客が来ても欲しいものが手に入りにくい状況だという。同事業で商店街活性化だけでなく、小売業の店舗が開店することによる課題解消も狙う。同組合の野上三男副理事長は「出店者が小売として成功し、そのままお店を続けてくれれば」と期待を寄せる。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「地場ワイン」仕上がる

「地場ワイン」仕上がる 社会

話題呼び、予約で完売

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

4日から一時移転

休日急患診療所

4日から一時移転 社会

来年3月まで岩間町に

4月1日号

世帯単位での設置も補助

感震ブレーカー

世帯単位での設置も補助 社会

要件満たせば取付代行も

4月1日号

地域課題解決へ37事業

2021年度区予算

地域課題解決へ37事業 政治

自主企画に約1億円

3月25日号

「防災マンション」を認定

横浜市

「防災マンション」を認定 社会

設備・活動の両面で評価

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク