保土ケ谷区版 掲載号:2015年1月15日号 エリアトップへ

保土ケ谷区 交通事故、減少傾向に 件数の3割が幹線道路

社会

掲載号:2015年1月15日号

  • LINE
  • hatena

 保土ケ谷警察署によると、昨年1年間で発生した保土ケ谷区の交通事故件数は一昨年より56件減の608件であることがわかった。死者数は3人と変わらなかったが、負傷者数は86人減の702人と全体的に減少傾向にある。神奈川県全体でも、死亡者数は17人増の185人だが、負傷者数は4426人減の3万5963人、事故自体の発生件数は3412件減の3万435件と、こちらも減少している。

高齢者の割合微増

 事故発生状況を時間別で見てみると、午前8時から10時と午後4時から6時までの間にそれぞれ90件以上発生している。事故内容は、車両同士の追突が158件とおよそ4分の1を占め、対人では横断中の79件が最も多い件数だ。子どもや二輪車、自転車などの事故が減少している一方で、高齢者によるものが7件増の182件を記録した。これは事故全体の30パーセントの割合となっている。

 また区内道路別の事故発生状況は、国道16号線が110件、同1号線が94件と、全体の約3割が国道で発生していた。中でも16号線の和田町交差点付近や川島町、梅の木の交差点周辺は事故多発地帯となっており、保土ケ谷警察署は注意を呼び掛けている。同署の担当者は「事故全体の約40パーセントが交差点やその付近で発生しています。歩行者が関係する事故のうち約46パーセントが道路横断中でした。青信号で横断歩道を渡るときも、必ず注意確認をしてください」と話している。
 

国道16号線でもとりわけ多発している和田町交差点
国道16号線でもとりわけ多発している和田町交差点

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

横浜の芝居を知る

横浜の芝居を知る 社会

保土ケ谷図書館でパネル展

10月22日号

女性特有のがんと検診

ピンクリボン月間企画

女性特有のがんと検診 社会

〜私らしく地域で生きる〜

10月22日号

駅前で新たな一歩

上星川郵便局

駅前で新たな一歩 社会

移転祝い式典

10月22日号

23日朝市

23日朝市 社会

区役所前で

10月22日号

グランプリに尾城さん

国内最大級ピアノコンクール

グランプリに尾城さん 文化

最難関ソロ部門で

10月22日号

YCVで放映中

区内中学独自演奏会

YCVで放映中 教育

26日からは新井中

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク