保土ケ谷区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

税の標語全国表彰 区内中学生の作品が入選 普及や広報活動に活用も

スポーツ

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena
作者の上田さん(左)と中井君
作者の上田さん(左)と中井君

 全国間税会総連合会が主催する「税の標語」の受賞作品がこのほど選定され、区内の岩崎中学校の上田佳美さん(3年)と保土ケ谷中学校の中井大君(2年)らの作品が選ばれた。入選作品は、区役所の税務課で確定申告が行われる3月16日(月)まで展示される。

 今回で3回目を迎えるこの標語募集は、子どもたちに税を身近に感じてもらい、その意義や現状を理解してもらおうと中学生を対象に実施されているもの。今年は全国から約24万点の応募があった。選ばれた作品は、毎年11月11日から17日に定められている「税を考える週間」や、そのほか普及活動や広報行事などに利用される。

佳作も選定

 今回、保土ケ谷区・旭区・瀬谷区を管轄する保土ケ谷間税会(金原正和会長)管内では、3区の公立・私立両中学校から2784点の応募があった。その中から上田さんの「たしかな日本を消費税」という作品が東京・千葉・神奈川・山梨の4県で優秀作品に贈られる「東京国税局間税会連合会表彰」に、中井君の「税金は確かな未来を作る鍵」という作品が神奈川県の優秀作品として「神奈川県間税会連合会県議会議長表彰」に選定。そのほか3作品が「保土ケ谷間税会会長表彰」に選ばれた。

 上田さんは「入選できて嬉しい。ニュースを見て、日本は大丈夫かなと思うことがある。経済を安定させて、国民が安心できるような国になるため、税の役割は大きいと思う。豊かな暮らしのために活用して欲しい」と話していた。また中井君は「選ばれて驚いた。この機会に税について考えてみて、様々な場面で役立っているのではと思い、作品を作った。安心して暮らせる未来を税で作ることができれば素晴らしいと思う」と作品への思いを語っていた。そのほか、保土ケ谷間税会会長表彰に、岩田完治君(3年)、鈴木拓歩君(3年)、鈴木北斗君(2年)の3人が選ばれた。

普及に取り組む「間税会」

 間税会とは、消費税などを中心にした間接税を納める人々で組織される団体。知識や情報の普及のため、研修や講演会などを実施している。保土ケ谷間税会では、3区の中学校に外国の消費税が分かるクリアファイルを配布するなど、学生への普及活動も行っている。同会の西村健次さんは「今回の標語も含めて、広く子どもたちに税への意識向上を促していければ」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

選手と「夢トーク」

横浜FC

選手と「夢トーク」 スポーツ

児童20人ほど リモートで

10月15日号

競歩2選手 関東へ

保土ケ谷高陸上部

競歩2選手 関東へ スポーツ

コロナ禍での自主練実る

10月15日号

コロナ禍で独自演奏会

区内7中学吹奏楽・MB(マーチングバンド)部

コロナ禍で独自演奏会 コミュニティ教育

YCVなどで動画配信

10月8日号

移動販売で買い物支援

市営住宅コンフォール明神台

移動販売で買い物支援 コミュニティ社会

指定管理者用駐車場を利用

10月8日号

選挙で屋根色決定へ

かながわアートホール

選挙で屋根色決定へ 文化

きょうから投票受付

10月1日号

横浜保育室「曲がり角」

横浜保育室「曲がり角」 社会

定員、最大時の2割に減少

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク