保土ケ谷区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

(PR)

入居に関するQ&Aを再度掲載 「まずは気軽に内覧会へ参加を」 サービス付き高齢者向け住宅『たちばな館』

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 60歳以上であれば、1人でも安心して入居できる新しいタイプの賃貸マンションとして注目を集めている『サービス付き高齢者向け住宅・たちばな館』(相鉄線「天王町駅」徒歩2分)は「安全や快適性、安心の備え」と「プライベート」を両立。館内の設備やアメニティ等の魅力に加え、利便性に優れた住環境も大きな特長となっている。そこで今回は、昨年末に本紙読者から好評を博した「入居に関するQ&A」を再度掲載。「まずは気軽に見学を」と、内覧会への参加を広く呼び掛けている同所の魅力を、改めて紹介する

 国土交通省と厚生労働省が所管となる「サービス付き高齢者向け住宅」とは、高齢の単身者やシニア世代の夫婦が安心して住むことができる賃貸などの総称。 区内・天王町に完成し今春オープン2周年を迎える「たちばな館」も、こうした高齢者が安心・快適に暮らせる充実したサービスを実現。介護ヘルパー資格を持つ専門スタッフが「お世話係」として個々の生活をサポートするほか、24時間対応の「緊急コール」を完備。また広い「談話室」では、1人暮らしの入居者も気さくにコミュニケーションの輪を広げる事ができる。

総合的なサポートを実現

 同所は、建物自体の魅力に加え、安心できる生活環境も大きな特長の一つ。

 天王町駅から保土ヶ谷駅までの旧東海道沿いにある開業医は、それぞれが密に連携を図り、地域が全体で”総合病院”を形成する「アライアンス保土ケ谷」という取り組みを推進。高齢者のケアについても包括的な医療体制を構築しており、入居者がそのメリットを常時、享受できるのも嬉しい限り。また、施設を運営する「アルファ薬局」も先頃、より近い場所に移転オープンを果たし一層、利便性が向上。さらに介護の面に関しても周辺に数多くの在宅介護サービス事業所が点在。アフターケア等については「ライフモア保土ヶ谷」と提携し、いわゆる”看取り”に至るまで、お年寄りの暮らしを総合的にサポートしている。

 さらに併設の保育園や、近隣の公共施設を活用した世代間交流活動なども盛んに行われており、社会性を失うことなく豊かなセカンドライフを過ごせる賃貸マンションとして、いわゆる「アクティブシニア」から好評を博している。

「内覧会にご参加を」

 こうした、地域も一体となって醸成する「老人ほームと同様の安心感」と「プライベート尊重」を兼ね備える同所の暮らしぶりを知る事ができる「無料内覧会」は適時実施中。「不明な点などは、何でも相談を」と広く参加を呼び掛けている(※内覧会の参加者から多く寄せられる相談や質問内容の一例は「入居に関するQ&A」=左上欄参照)。
 

たちばな館

横浜市保土ケ谷区岩間町1-7-14

TEL:050-3648-6994

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

無料の合同行政相談所

無料の合同行政相談所

10月12日、桜木町駅前で

9月16日号

お寺ならではの永代供養墓

故人を大切に

お寺ならではの永代供養墓

宗派不問、入檀も不要

9月16日号

弁護士による無料個別相談会

弁護士による無料個別相談会

9月25日 相続など不動産の問題を解決

9月16日号

こだわり弁当で秋を満喫

敬老の日のお食事にもぴったり! 天王町駅徒歩1分モンテファーレ

こだわり弁当で秋を満喫

9月16日号

”1歩を踏み出す”きっかけに

不登校やひきこもりに悩む人へ よこはま西部ユースプラザ

”1歩を踏み出す”きっかけに

9月30日にセミナー&相談会

9月16日号

「見せない」補聴器

マルイシティ横浜地下1階

「見せない」補聴器

オープンセール実施中

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook