保土ケ谷区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

消防団操法大会 第2分団が最優秀に 初の女性編成隊も健闘

社会

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
炎天下の中、競い合う4隊
炎天下の中、競い合う4隊

 保土ケ谷区内の消防団員が消防の基本動作を競う「消防操法技術訓練会」が7月12日、狩場町の資源循環局保土ケ谷工場内で開かれ、150人の団員が日ごろの訓練成果を競った。

 指揮者以下1チーム4人の隊員により、可搬式消防ポンプを使用して放水を行うまでの安全確実な動作と速さを競ったこの日、各分団が平日の夜間や土日などに練習を重ねてきた日ごろの成果を披露。天王町や川辺町、岩間町など区東部域を管轄する第2分団(薗隆雄分団長)が最優秀に選出され、10月17日に戸塚区内で行われる「平成27年度横浜市消防操法技術訓練会」に区代表として出場する。薗団長は「1回の災害のために100回の訓練というが、今回の結果も日ごろの訓練の賜物。上位入賞を目指したい」と話した。 近年、少子高齢化や会社勤めの団員の増加が進み、全国的に消防団員の担い手不足が問題視されている。区内でも定員を割っている状態だが、保土ケ谷消防署では4月1日時点で全団員の1割強を占める「女性団員」の確保が人材不足解消へ向けたキーの一つとしている。この日の訓練会には女性のみで編成した隊も初めて出場。男性団員に交じって手際良くポンプを操作するなど健闘を見せた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

テイクアウトは早めの消費を

市健康福祉局

テイクアウトは早めの消費を 社会

気温上昇に伴い食中毒懸念

8月13日号

新体制が発足

新体制が発足 社会

横浜たちばなLC

8月13日号

車椅子用雨合羽を独自開発

経験繋ぎ合わせ

車椅子用雨合羽を独自開発 社会

桜ケ丘在住の佐久間薫さん

8月13日号

「住み替え検討」増加傾向

コロナ禍での変わるライフプラン

「住み替え検討」増加傾向 社会

第一歩は価値を知ること

8月13日号

9割はネット広告から

市内通販トラブル

9割はネット広告から 社会

「お試し」トラブル急増

8月13日号

窓口に「花のおもてなし」

区役所

窓口に「花のおもてなし」 社会

障害者の社会参加機会を創出

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク