保土ケ谷区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

お散歩で地域と繋がって 乳幼児ママ、防災考える

社会

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena

 乳幼児を育てるママたちが企画した『やってみなくちゃわからない!こどもと一緒の避難所生活』講座が6日、保土ケ谷公会堂で開催され、10月下旬に公共施設で避難所1泊体験をした=写真=母親らが、体験でわかったことや、東日本大震災の仙台の事例を基に、今の自分たちの生活に合った防災を考えた。

 前半は横浜市立大学国際都市学系まちづくりコース准教授の三輪律江さんが、「毎日のおさんぽから防災・減災行動につなげてみよう」をテーマに講演。三輪さんは保育施設と協働し、散歩の時間を使っての防災マークマップづくりや、地域とのつながりを深める仕組みづくりを進めている。「日々の散歩で防災拠点への複数のルートを確認してほしい」と話し、「お散歩でよく会うご近所さんにも声をかけ顔見知りを増やすこと」などアドバイスした。

 後半は、母親たちが今できる減災運動を考え、「お散歩しながら防災マップを作る」「近所に知り合いをつくる」「地域の防災訓練に参加する」などの意見が挙がった。講座を終えた参加者は、「宿泊体験をしたことで、防災を具体的に考えられるようになった」と話していた。

■本紙では12月中旬から、保土ケ谷区在住のイラストライターたかえみちこさんによる「こどもと一緒の避難所体験観察レポ」を連載。公共施設で避難所体験をした親子の様子を、たかえさんのイラストでお伝えします。お楽しみに。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

「音読」で脳活性

「音読」で脳活性 社会

公会堂で27日

10月14日号

エンディングノート学ぶ

落語で楽しみながら

エンディングノート学ぶ 社会

先着40人、10月27日

10月14日号

懐かしの市電の姿も

市営交通の歩み映像で回顧

懐かしの市電の姿も 社会

岩間市民プラザで11月

10月14日号

横浜マイスターに選定

月見台在住吉田昌義さん

横浜マイスターに選定 社会

椅子張りの高い技術 評価

10月14日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

10月14日号

横浜FC、ユース所属のDF・杉田隼選手が来季からトップチーム昇格

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook