保土ケ谷区版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

おもちゃ病院「患者減」 「壊れたら捨てずに相談を」

文化

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena
自宅で修理依頼を受けたおもちゃを修理する秋元さん
自宅で修理依頼を受けたおもちゃを修理する秋元さん

 壊れたおもちゃを修理する「おもちゃドクター」の出番が近年、減りつつあるという。保土ケ谷区の地域作業所に「おもちゃ病院」を開設し、ボランティアとしておもちゃに治療を施している秋元康邦さん(76)によると、10年前に比べると「患者数」は10分の1。「壊れたら買い替える『使い捨ての時代』なのかもしれないが、できるだけ治して長く使ってもらいたいですね」と話す。

 電気メーカーでモーターの性能試験を担当した後、27歳で教員となり、中学校の技術科教員を務めた秋元さんは定年後、保土ケ谷区役所そばにある地域作業所でボランティアとして「おもちゃ病院」を開設した。

 当初は壊れたおもちゃを手にした親子が「治療待ち」の列を成し、市外からの「来院者もいた」というが、状況は一変。年々、修理を依頼する「患者数」は減り続け現在は10年前の10分の1になった。

完治率は8割

 持ち込まれるおもちゃも時代とともに変化した。かつてはゼンマイ仕掛けの物などが多かったが、ここ数年は電池式の物が主流となり、センサーやICチップを使った複雑な構造のおもちゃが増加。時には足りない部品を自ら作り治療を施し、8割近い完治率を誇る。 修理は基本的に無料だが、ICチップ本体が故障している場合などは、メーカーから部品を取り寄せて修理する必要があり、実費負担が必要となる。

使い捨て時代危惧

 秋元さんによると近年は製造物責任法に基づきメーカーは一般消費者に部品だけを販売することが難しくなっており、おもちゃが故障した場合、本体を製造元に送る必要があるという。

 この手間や送料、修理費がもともとの本体価格の半額ほどかかるといった費用負担の問題、さらには使い捨てを前提とした玩具を製造・販売するメーカーの姿勢にも「壊れたものを直して使う」という考え方にブレーキをかけていると、秋元さんは考えている。

 3人の子どもを育てる過程でおもちゃを修理しながら使ってきた自身の経験も踏まえ、「壊れたらおしまいではなく、相談してほしい。ひどい損傷でなければだいたい治せます」と話す。また「子どもたちがおもちゃに飽きたり、古くなったら他人に譲ったり、フリーマーケットに出品するなどしてもよいのでは」とリユースを呼びかけている。

 修理の依頼などに関する問合せは地域作業所はなかご【電話】045・333・0029へ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

廃食用油回収し再資源化

廃食用油回収し再資源化 社会

区役所前広場で28日

1月20日号

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩 社会

苗木40本を植え付け

1月20日号

「途上国にワクチンを」

仏向小4年1組

「途上国にワクチンを」 教育

商店街にボトルキャップ回収箱

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

区制100周年へ向けて

出口区長インタビュー

区制100周年へ向けて 政治

地域の繋がりの希薄化懸念

1月6日号

懐かしの生活用具で回想

ささやま丘の上ミュージアム

懐かしの生活用具で回想 社会

横国大大学院生が着想

1月6日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook