保土ケ谷区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

”日本語”楽しむ アワーズで全3回の講座

教育

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena
講師の中村さん
講師の中村さん

 日本語の面白さを体感する講座が、8月3日(水)、17日(水)、31日(水)の3回に渡り、星川の市民活動センターアワーズで初めて開かれる。

 講師を務めるのは、フィリピンの日本語学校や平塚の横内団地でインドシナ難民の日本語教師を務めたほか、保土ケ谷国際交流の会で日本語ボランティア活動を22年間続けている中村寛子さん(霞台在住・72)。

 「普段何気なく使っている日本語の役割を自覚すると、言葉の持つ力が正しく発揮される。時計を”もらった”と”くれた”では、込められた感情が異なる。言葉一つ変えるだけで円滑なコミュニケーションが図れ、手紙やメールでのトラブル防止にもつながる」という。

 全3回を通し「まちがった日本語」や「国語と日本語のちがい」、具体例を元に「言葉の機能」などについて学ぶ。参加には資料代1千円が必要。定員は先着15人。

 「楽しみながら学ぶので、日本語やボランティアに興味のある方はお気軽にご参加を」と呼びかけている。

 申し込みは、氏名、年齢、連絡先、講座名「日本語ってどんな言葉?」を明記し、アワーズまでファックス(045・339・5120)を。問合せは日本語の会【携帯電話】090・3138・9378へ。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

児童見守り12年

児童見守り12年 社会

宮田町・小川勘七さん

4月15日号

年間約900人が返納

運転免許証

年間約900人が返納 社会

「卒業証書」も配布中

4月15日号

8月22日投開票

横浜市長選挙

8月22日投開票 政治

五輪避けた日程に

4月15日号

花壇ボラ募集中

花壇ボラ募集中 社会

県立保土ケ谷公園

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 社会

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.shin-shin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter