保土ケ谷区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

地元若手 パン屋を誘致 来秋の開店めざし奮闘

社会

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena
関係者と話し合う荒川さん(右から2番目)と天野さん(同3番目)
関係者と話し合う荒川さん(右から2番目)と天野さん(同3番目)

 「上星川の商店街に可能性を感じているんです」――。2人の若者を中心にあるプロジェクトが進んでいる。昨秋、ウェブ関連の会社を営み商店街に事務所を構えた天野進一さん(37)、上星川駅近くの温浴施設「満天の湯」の運営会社に勤務する荒川祐輔さん(37)。2人が仕掛け人となり、上星川に新たな魅力が生まれそうだ。

 全国各地の商店街で地盤沈下が叫ばれる中、若手経営者らが新たなアイデアで活性化を模索している。上星川商店街でも、近年、利用客の減少や後継者難といった問題に直面している店が多い。

 そんな中、2人は商店街のウィークポイントを見出し、その弱点を補うことで賑わいを呼び起こそうと思案。その輪が広がりを見せ始めた。

 結婚を機に起してきた天野さんは、店舗運営のコンサルティングなどを専門とする。縁あってやって来た上星川の町を知ろうと、まず始めたのが、商店街の清掃だった。

 一方の荒川さんは「満天の湯」の運営会社に勤務する。同施設は今年開業10年を迎え、森山元明社長は荒川さんに「銭湯と商店街が一緒に発展する取り組みを思案するように」指示。荒川さんは商店主らの話を聞こうと商店街を歩く日々が続いていた。

 運命に導かれるように2人が出会ったのは昨年秋。意気投合した2人が中心となり「上星川を考える会(仮称)」を立ち上げられた。

3週間で1千件超える支持

 「商店街に美味しいパン屋さんが欲しいか」という問いにシールで支持を表明するアンケート看板が商店街の一角に掲げられている。

 2人は商店街にパン屋がないことに疑問を持ち調査。すると商店街には20年以上、パン屋がないことが判明した。ここに活路を見出そうと、まずは住民ニーズを把握しようとアンケート看板を設置すると、3週間ほどで1千を超えるシールが集まった。

 春には「独立を考えていた」というパン職人・山内誠さんに新たに立ち上がるパン屋のオーナーを決定し、出店地もほぼ決まった。

 来年にはビルの建設工事に着工し、来年秋の開店を目指す。2人は「上星川に新たな魅力を生み出していくための第一歩。これからも様々な角度から、柔軟な発想で仕掛けていきたい」と話している。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月13日号

夜の横浜を駆ける

横浜DeNAベイスターズ

夜の横浜を駆ける

7月上旬にイベント

6月13日号

梅雨彩る紫陽花見ごろ

梅雨彩る紫陽花見ごろ 社会

峰沢町の散策路で800株

6月13日号

地場焼酎風呂に酔う

地場焼酎風呂に酔う 社会

上星川の温浴施設

6月13日号

寄付金を贈呈

横浜たちばなライオンズクラブ

寄付金を贈呈 社会

福島県の養護施設などに

6月13日号

「雨に唄えば」上映

「雨に唄えば」上映 文化

アートホールで22日

6月13日号

区内2カ所で朝市

区内2カ所で朝市 社会

地場野菜などズラリ

6月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク