保土ケ谷区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

相鉄本線下り線 3月5日から高架化 星川駅―天王町駅間

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 相模鉄道(株)と横浜市は2月16日、3月5日(日)の始発から星川駅―天王町駅間の下り線を高架化すると発表した。4日(土)の最終列車後に線路切り替え工事が行われる予定。これに伴い5日の初列車から星川駅の下りホームは高架上に変更される。

遮断時間は3〜4割減少

 相鉄本線が区域を横断する保土ケ谷区において、踏切渋滞の解消は大きな課題だった。今回、下り線が高架化される連続立体交差事業で整備が進められているのは星川6号踏切付近から天王町1号踏切付近までの区間およそ1・8キロメートル。市道路局企画課によると区間内の踏切遮断時間は、3割〜4割程度減少するとしている。

 当該区間の踏切は朝夕のラッシュ時には1時間のうち、遮断時間が40分を超えるいわゆる「開かずの踏切」状態の箇所も多い。5分以上に渡り遮断機が下がり続けることも珍しくなく、遮断機が上がると同時に急発進する車両や、警報機が鳴りだしても無理にわたる歩行者なども見受けられた。

 安全面のみならず、踏切渋滞を解消し、住民生活の向上を図ることは、区の活性化においても欠かせないとの見方が強い中、2002年度に事業がスタート。当初12年度中の整備完了を目指したが、11年度に新耐震基準の適用による追加工事の実施や工事中の騒音・振動対策、用地取得の遅れなどを理由に工期を延長していた。

上り線は18年秋

 14年の時を経てまずは下り線が高架化されることになるが、同局によると上り線の運転も高架に切り替えられるのは18年秋となる見通し。その後、既存線路の撤去や天王町駅、星川駅の改築工事、周辺道路などの整備を進めるとしている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

救急出場が過去最多

保土ケ谷消防署

救急出場が過去最多 社会

2019年の概況まとまる

1月16日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月16日号

「飛躍するチャンスの年」

「飛躍するチャンスの年」 政治

菅井区長に聞く

1月9日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

留学生が母国の味振る舞う

あったかほどがやみんなde食堂

留学生が母国の味振る舞う 社会

ベトナム風角煮など3品

1月1日号

地域づくりで総務大臣表彰

地域づくりで総務大臣表彰 社会

岩間町の畑尻明さん

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク