保土ケ谷区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

相鉄本線下り線 3月5日から高架化 星川駅―天王町駅間

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 相模鉄道(株)と横浜市は2月16日、3月5日(日)の始発から星川駅―天王町駅間の下り線を高架化すると発表した。4日(土)の最終列車後に線路切り替え工事が行われる予定。これに伴い5日の初列車から星川駅の下りホームは高架上に変更される。

遮断時間は3〜4割減少

 相鉄本線が区域を横断する保土ケ谷区において、踏切渋滞の解消は大きな課題だった。今回、下り線が高架化される連続立体交差事業で整備が進められているのは星川6号踏切付近から天王町1号踏切付近までの区間およそ1・8キロメートル。市道路局企画課によると区間内の踏切遮断時間は、3割〜4割程度減少するとしている。

 当該区間の踏切は朝夕のラッシュ時には1時間のうち、遮断時間が40分を超えるいわゆる「開かずの踏切」状態の箇所も多い。5分以上に渡り遮断機が下がり続けることも珍しくなく、遮断機が上がると同時に急発進する車両や、警報機が鳴りだしても無理にわたる歩行者なども見受けられた。

 安全面のみならず、踏切渋滞を解消し、住民生活の向上を図ることは、区の活性化においても欠かせないとの見方が強い中、2002年度に事業がスタート。当初12年度中の整備完了を目指したが、11年度に新耐震基準の適用による追加工事の実施や工事中の騒音・振動対策、用地取得の遅れなどを理由に工期を延長していた。

上り線は18年秋

 14年の時を経てまずは下り線が高架化されることになるが、同局によると上り線の運転も高架に切り替えられるのは18年秋となる見通し。その後、既存線路の撤去や天王町駅、星川駅の改築工事、周辺道路などの整備を進めるとしている。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月21日号

街路灯 全24基を撤去

星川駅南側星和会

街路灯 全24基を撤去 社会

商店街での維持・管理難しく

1月21日号

味自慢、ズラリ

コロナ禍で売上6割減

味自慢、ズラリ 経済

18日から10店が出品

1月14日号

区内唯一の水田で稲作

ほどがや元気村

区内唯一の水田で稲作 社会

小学生対象に体験教室

1月14日号

「安全・安心な暮らし支える」

「安全・安心な暮らし支える」 社会

出口区長に聞く

1月7日号

区内2,017人が門出

成人式

区内2,017人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク